2017年3月14日火曜日

地域おこし協力隊活動報告会を行いました

白川村から、こんにちは。石井です。
今年もやりました。協力隊活動報告会。

1年間の協力隊の活動や思いを地域の方々にお伝えするとともに、
地域のことを一緒に考えるきっかけになればと、毎年この時期に開催しています。

昨年とやり方を変えて今年は白川村の6つのエリアで北から南の順に活動報告会を実施。

「よりたくさんの人に来てほしい」、「少人数で気軽な雰囲気でやりたい」
そんなことを考えて6回やろうと決めました。

スケジュールは以下の通り。

2/27 北部地区(前盛隊員自宅)
2/28 飯島地区(飯島公民館)
3/1 鳩谷地区(つつみや・旧白川小学校)
3/6 戸島地区(戸島公民館)
3/7 荻町地区(荻町公民館)
3/8 南部地区(南部地区文化会館)

ややハードではありましたが、村内6か所開催は純粋にやってよかったと感じています。
今までよりも多くの人に来てもらい、地区ごとに様々なご意見をいただきました。

「協力隊の活動よくわからなかったから来てよかった」と言ってもらえたり、活動に対するアドバイスを頂いたり、「いろいろうやってきた活動は任期後どうなってしまうのか?」というストレートな質問もいただきました。




嬉しいことばもあれば、まだまだ協力隊の活動の認知も低いとよくわかった報告会。4人いる隊員のうち3人が残り任期1年というなかで、私たち自身がこれまでと今後を振り返る時間にもなりました。


最後に、お忙しい中会場に足を運んでいただいた地域の方々に、この場を借りて感謝を申し上げます。ありがとうございました!


2017年3月3日金曜日

白弓スキー場にゴブリン出現!

こんにちは、長坂です。
新年の挨拶から、すでに三月…
ご無沙汰しております。

去る2月18日、白川郷平瀬温泉白弓スキー場にて
「白川郷の雪景色にゴブリン発見!」が開催されました。

今回の企画は、白川郷ふるさとカルタ学の講座であり
カルタの読み札“雪降れば 子ども喜ぶ 大人泣く”をテーマに行いました。
白川村ならではの、雪を使った、子どもも大人も喜ぶ企画です。

ゴブリンとは、あらゆるものに顔のパーツを与えることでゴブリン化してしまう
ゴブリン博士こと小中大地さんのアート作品のこと。

スキー場一面に白弓スキー場ゴブリン、合掌造りの結束に利用されるネソゴブリン、
うちわゴブリン、カップ雪ゴブリン、雪ゴブリンを制作しました。
個性あふれるゴブリンの写真をご覧ください。

今回の映像をただ今制作中です。
完成後、発信いたしますので乞うご期待!

ゴブリンは色々なところに出現します

寿司食いねェ!

今回の企画はこちら



白川郷ふるさとカルタ「雪降れば 子ども喜ぶ 大人泣く」

ゴブリン博士こと小中大地さん(本名だそうです)

合掌造りの結束に利用されるネソのお話

ゴブリンを作るぞー!おー!

子どもも大人も真剣
うちわにかわいいゴブリン発見!

一方、外では巨大ゴブリンの準備



さまざまなネソゴブリンの完成
個性豊かな、うちわゴブリンたち
 


バケツ雪にも顔をつけゴブリンに
かわいい子、おひげの子、カップ雪ゴブリン
 
大きなお顔の白弓スキー場ゴブリン出現!
 Photo by Jun & Fuko