2017年9月15日金曜日

白山白川郷ウルトラマラソンに今年も挑戦してきました!


白川村から、こんにちは。
どちらかというと長距離より短距離の方が得意な、石井です。

昨年協力隊4人で参加した白山白川郷ウルトラマラソン。
今年は福田と石井で挑戦してきました。

5回目となる今回のウルトラマラソンは前大会までとは距離とコースが大きく変わりました。

・距離:100㎞の部と70㎞の部になった(これまでは100㎞、50㎞)
・コース:白川村スタート、白山市ゴール(これまで:スタート白山市、50㎞ゴール白川村、100㎞ゴール白山市)

去年参加した50㎞の部はなくなったので70㎞の部に参加することに。
70㎞の制限時間は10時間。50㎞の時と同じです。

ここでコースの高低図を見てみましょう。
http://www.r-wellness.com/hakusan-shirakawago/about/course.html

序盤の白山白川郷ホワイトロードの峠を越えればあとはほぼずっと下りになっています。

これをみて僕は「制限時間的には厳しくなったけど、後半はほぼ下りだから何とかなりそう」なんて思ったわけです。

その考え、ひどく甘かったです。

スタート当日。スタート地点の寺尾防災グラウンドには夜明け前からおよそ1,500人のランナーが集結。
スタッフの数も含めれば軽く白川村の人口を超える人数が集まっています。

村の方がおかゆとみそ汁をふるまってくれていました。
寒かったので温かい食べものがとても沁みました。

スタート直前!

そして、朝5時、70㎞の部、100㎞の部のランナーが一斉にスタート。
早朝の荻町の幻想的な景色と大勢のランナーが行きかう景色のギャップが印象的でした。


序盤の荻町~ホワイトロードの山登りは涼しいし、途中のエイドや沿道ではいつもお世話になっている方々からの声援もあってかなり快調でした。

ランナーが一気に集まり、前半のエイドの方はかなり忙しそうでした。
登ります。
「これなら第一関門までに時間も貯金できそうだし、後半35㎞で5時間以上あれば何とかなりそう」なんて思ったわけです。

その考え、ひどく甘かったです。

コース最高地点。写真撮ってもらう余裕がありました。

このウルトラマラソンの魅力はやっぱりホワイトロードの景色にあると再認識。
白山の御前峰もみえました。
ふくべの大滝
おもてなしエイド。ほんとありがたい。


第一関門。時間的にもそこそこ貯金できたのですが・・・

異変を感じ始めたのは第一関門を過ぎて少ししてからでしょうか。
少しずつ足に痛みがでてきて思うようにペースが上げられませんでした。

景色は山並みから広い田園風景へ。下りかと思っていた道は平たんに。
真夏のような日差しの下、まっすぐに続く道がどこまでも続いてるような錯覚に陥りました。
手取キャニオンロード。疲労感の中では苦行の道のようでした。

延々と続く田んぼ!

50㎞を過ぎた時点で足はかなり痛みだし、走ってもすぐに歩いてしまう辛い状況でした。

終盤。歩いてても立ち止まってしまう始末。そして、田んぼ!

歩いてたどり着いた61㎞地点のエイド。残り時間は1時間弱ありましたが、
とても残りの9キロを走れる状態でもなく、あえなくリタイアしました。

61㎞のエイドの豆腐と蕎麦ソフトはかなり沁みました

しばらくすると福田選手も到着。
足は棒のようになっているのですが、なんだか清々しい表情です。

大会後、マラソンが趣味の知り合いの方からこんなメッセージを頂きました。

「今回の白川郷のコースは、最後に膝が壊れるようなコースだから、よく坂道を下ったし、頑張ったと思うよ♬」

…はい、まさに膝が壊れるような思いをした一人です。


50㎞の時とは違い、ウルトラマラソン本来の厳しさを文字通り痛感した大会でした。

最後に、大会スタッフの皆さん、ボランティアスタッフの皆さん、沿道で応援してくださった皆さん、ありがとうございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿