2017年6月19日月曜日

白川村の四季の話(春編)

よもぎです。
やっと春めいて来て嬉しくなったので、今日は村の季節の話を。

村の長い長い冬の終わりは、ある日突然やって来る感じがします。




ある日一斉に命が芽吹いて、真っ白な景色がブワーッと新緑に包まれていく。

芽吹いたばかりの葉っぱの色は美しく、毎朝車に乗るたび、
山のカラフルさと、太陽の温かい光に心がフワーっと解放される感じがあります。

長い冬があるからこそ、やっと迎えられた春が最高に嬉しい。
白川に来て、季節が移り変わる喜びを初めて知りました。





美しい桜が散ると、田植えが始まる。



全ての田んぼが緑に変わる頃には、
畑の野菜も全て植え終わる。


フーチバ農園、今年もたくさん甘い苺が採れています。ありがたやー
畑の支度がととのい、道に花が溢れる。















明け方には、モクモクの霧が漂い、
水の匂いと、カエルの合唱、涼しい虫の声に包まれる。



豊かな山水
夕暮れの空の、スカーッとする美しさや、
味噌汁の匂い、下校する子どもたちの姿、ばーちゃんたちの温かい会話、
穏やかな空気が、最高気持ちいい。

夕陽の光
夕暮れの湖。白川の空と水はめっちゃ青い。
仕事帰りのトンネルと月。

夜はひんやりして、静かに水の音がする。
暮らしやすく、気持ちのいい季節。
沖縄のうだるような暑さなんか忘れてしまう。

これから、短い夏があっという間に過ぎ去り、
祭りが来て、村全体が紅葉に包まれ、茅刈りが終わり、
気づけばまたすぐに雪に覆われた暮らしがやってくる。

村の1年はとても早く、
一瞬一瞬に感動が詰め込まれながら
当たり前に暮らしが繰り返されています。

村の人は誰もなんも言わんけど、
山の気候に合わせて、日々すごい時間と労力を
自然に向き合うために使っている。

仕事帰りに屋根雪かいたり、雪囲いしたり、
薪割ったり、灯油運んだり、水路掃除したり、
山菜取ったり、木の実採ったり、畑に風よけ獣避けのネットしたり、
休みの日に、当たり前に働く。
すごいなあと本当に思う。

でもそうやって、四季・仕事・暮らしの移り変わりが
目に見えて分かるから、節目を感じる機会や、自身を見つめる時間が多い。

水や土や山や動物や植物の営みを感じて
地球の流れを実感することも増えた。

学びの深い、豊かな村です。


雪解けの春を喜び、冬に向けて山菜を乾燥させ、
年に一度の祭りを心待ちに、時間をかけて準備して、
漬け物つけて、冬のやわいをして、丁寧に暮らしを作っていく。
長い冬を静かに過ごす。

初めてそういった光景を見たとき、言葉を聞いたとき、
すごいな・・こんな生活があるのか・・とショックを受けたし、今もよく思います。

こういう生活や文化・精神があることを、
沖縄にいたときは想像したこともなかった。
祈る文化だけは、八重山も白川も同じだなと思うけど。

愛おしく思う場所が増えるのは、幸せなことです。
これからも、たくさんの場所や人を知っていこうと思う。

そんな感じで、
夏の終わりには夏編も書きます。多分。

よもぎ

0 件のコメント:

コメントを投稿