2017年1月26日木曜日

協力隊の雪国生活

こんにちは!石井です。
ブログすっかりご無沙汰してました。
2017年はもっと書きますね。

新年明けてしばらくは全く雪の無い白川村でした。
1月6日撮影
その後、寒波到来。ようやくこの数週間で本来の白川村の姿となりました。


協力隊が関わっている施設も雪で大変なことに。
先週は隊員総出で屋根の雪降ろしをしました。

まずは改修中の古民家(移住お試し住宅として春から活用します)。
ビフォー
アフター

続いてシェアハウス。
ビフォー
アフター(この後埋もれた玄関を掘り起こすなど)
翌日の筋肉痛は言うまでもありません。


ちなみに自宅はこんな感じ。

こんもり積もってますが部分的に雪がないところもあります。
なぜかというと山水を流して融雪しているから。

山間地域では多いと思いますが、白川村でも各集落で山から水を引いて生活のあらゆる場面で利用されています。これで雪かきの手間もかなり減っています。ありがたい山の恵みです。

でも、外に置いてる車はたくさん雪が降るとこうなります。

これくらいはしょうがないですね。


道路の状況はどうかというと、しっかり除雪されます。しかも超うまい。
雪による通勤への支障も今のところありません。


一日雪が降らないだけで道路上の雪は無くなってしまうほど。もう感動すら覚えます。
安全運転はちゃんと心がけてます。

何かと大変な雪国の生活ですが、その分雪への態勢がものすごく整っています。
おかげで僕らのような雪国初心者でも綺麗な景色を楽しみながら割と普段通り生活できているわけです。

0 件のコメント:

コメントを投稿