2016年10月11日火曜日

白山白川郷ウルトラマラソン

こんにちは、長坂です。
去る9月11日、「白山白川郷ウルトラマラソン」に福田、石井、前盛、長坂の4人で参加してきました。

石川県白山市をスタートし、標高1400mを越え、白川村にゴールする。
50kmの部、制限時間10時間。

この感情を伝えるにはどう書いたらいいのかとても悩みました。
その時の心情を書こうと思うと、ここでは収まりきれない気がするので、
自分たちの顔ばかりですが写真いっぱいでお伝えします。

前日に道の駅にて受付(この時はまだ知らない…)
 
村長と(この時はまだまだ知らない…)

村長の合図によりいよいよスタート!


10km、足が痛くなってきた。これをあと5回と想像しただけで心が折れた。

20km、下半身に激痛。登り坂早く終われーとひたすら願う。

20.2km地点おもてなしエイド、そうめん。
これを楽しみにここまで走って来た。美味しすぎて5杯食べた。
次は28.2kmのおろしうどんを目標に走る。

25km、こんなにつらいのにまだ半分…。
リタイヤをもやむを得ないと体と相談。

30km、登り坂が終わり下り坂へ。
前盛コーチから「このままのペースでは制限時間に間に合わない。
下りはエイド以外走ろう!」と告げられる。

40km、ここら辺は記憶がないくらい魂入らずただただ足を動かした。
今までなんとか写真だけは余裕な顔を作れていたが目が開かない。

41.6km地点おもてなしエイド、我らがすったて鍋。
前に進めば進む程、知ってる方に会えるのが嬉しい。
このままここでみんなとお喋りしていたいと思いながらも足を進めた。

白川村名物すったて鍋。このマラソンでは本当に食べ物に助けられた。
ある意味、白山白川郷ウルトラマラソンを一番楽しんでいたのは私かもしれない。

50km、タイム9:47:43で完走ー!
人に、村に、食べ物に、生きていることに感謝した10時間でした。
 

2016年10月3日月曜日

どぶろく祭りで乾杯! ~白川村ナイト@名古屋~

柴原です。
私としたことが、インターン生の日報を掲載している内に、
すっかり報告が遅れてしまいました・・・

今回は、名古屋を中心に活躍されている大ナゴヤ大学さんの
授業形式でお届けした白川村ナイトvol.7の報告を。
一部、イベント裏側もお伝えします。


開催日時は9月2日19時~21時、いわゆる花金(古いか?!)で
開催場所は名古屋の中心に位置するテレビ塔の3階で行われました。


まだまだ名古屋は夏の気配


まずは会場に入るなり、最初の難関が。
獅子舞で使う太鼓の搬入です。
実は今回本番で使うものより小さい太鼓に変更しました。
それでも太鼓を設置する枠を含めるとそれなりのサイズになります。
早めに到着したスタッフ総出で荷物と一緒に搬入しました。

続いて、スライド確認や民謡や獅子舞の立ち位置等の確認作業を行います。
さらには飲み物カウンターの準備や用意したどぶろくを並べます。

スライドの見え方をチェック!
飲み物カウンターの準備中
去年のお神酒(どぶろく)と三輪酒造のにごり酒と盃

そうこうしている内に開始時刻の30分前、
続々と生徒さん(授業なので参加者を”生徒さん”と大ナゴヤ大学では呼んでます)が
集まってきます。

もちろん、本番同様にどぶろくが振舞われます
本番さながら、賛同頂ける生徒さんには地面に座ってもらいます

定刻になると、この授業のコーディネイターである大ナゴヤ大学の加藤学長の進行と
乾杯で会はスタートしました。

乾杯!!

祭りの講師は松本さん!

世界遺産集落内にある合掌造り家屋などの文化財の維持・保護を担当する
教育委員会の松本さんによるどぶろく祭りの授業は写真を多く用いながら、
わかりやすく、生徒の皆さんを時に笑わせながら進みました。

村民参加者からも勉強になった!と言われる程でした

松本さんに続いて、さゆり先生こと同じく教育委員会の新谷さんから、「村民にとって
祭りとは」を話してもらいました。

元教員の新谷さんらしく、祭りを学校の給食と例えて熱く語ります!

郷土芸能タイムを控えた中休み。どぶろくのおかわりも。

さて、授業の後半戦は民謡、獅子舞と白川村民の舞いを振舞います。
民謡、獅子舞ともに白川村の中にある集落毎に衣装や踊り、リズムも様々。
今回は鳩ヶ谷民謡保存会の皆さんと平瀬獅子舞保存会の皆さんに
参加頂きました。

鳩ヶ谷民謡保存会の皆様の登場!
平瀬獅子舞保存会の舞いが始まります。
生徒の皆さんは録画や写真に一生懸命でした(笑)
民謡、獅子舞が終わるとその後は参加した村民との交流会タイム。
着替え終わった両保存会の人達も加わり、生徒さんの質問攻めに。


小さいグループに自然と別れ、お酒も進み話は盛り上がります!
なにやらどぶろくの説明をしたり
笛の指南をしたり
おどけてみたり
お酒のPRをしてみたり
なんにせよ、楽しい時間はあっという間に交流タイムは過ぎて行きました・・・。

最後は恒例の集合写真でハイチーズ!!

皆さん、良い笑顔しています!!!

なかなか写真だけでは伝わりづらいかもしれませんが、参加した村民、ご参加頂いた生徒の
皆さんの笑顔が印象的な会になったと思います。そして、何よりも村が誇るどぶろく祭りの
魅力は都会の皆さんに十分満足頂けるということを参加した村民が理解できる
良い機会だったのではないかと個人的には感じました!


いよいよ、10月に入りました。
今月14日~19日は荻町、鳩谷、飯島のどぶろく祭りです。
ブログ越しにはなかなか伝わらない祭りの本物の雰囲気を味わいに
いらっしゃいませんか?

皆さんにお会いできることを楽しみにしています!

2016年10月1日土曜日

協力隊を辞めます!地域おこしは止めません!

ブログ投稿2回目にして退任のお知らせになってしまいました、梅本です。
この度私事ではありますが、結婚いたしました。そして出産を控え、9月を持ちまして退任しました!・・・ということはこの記事が投稿されるときには協力隊ではなくなっているわけです。
結果から言うと、私は辞めても白川村にいます。合掌集落の中心部に嫁ぐことで、むしろ今までより忙しくなる予感もしています。
定住者を増やすという観点から見れば、これまで任期満了までも勤めず協力隊が辞めて他の場所へ移ってしまう・・・!という中で、地元民と結婚、そして定住一人目と成功例のようかもしれません。

でも私自身はそうとも言い切れないかなと思っています。
というのも協力隊は定住ありきでもない気がするからです。
他の土地ではどうか分かりませんが、この村では若い独身女性があまり割合として多くいません。その中で女性の協力隊は常に嫁候補として見られ、嫁に行け、来いなどの発言も悪気なくされる環境があります。
就職でも、結婚でも、なんでもご縁ありきの話ではあります。もちろん素敵なご縁があれば、どこで誰とどうやって生きようが選ぶのは自由でしょう。
協力隊は皆、他の地からそれぞれご縁あって、この見知らぬ環境に飛び込んでいます。
好んでこの地にいること、これは既にここに住む人達も、すでにしていることだと思います。
ここがいいんだよ!!!と無理矢理人に押し付けることはせず、自分がいいと思ったからそれをして、いいと思ったから勧めてみて、そうやって本当のファンが増えればいいなと願うことを細々と続けたら地域おこしになるのかな~と思いこれからも自分の活動としてみようと思います。
どうせ同じ場所に住むのなら、自分が楽しい環境になるよう工夫するほうが良いよね。

鍋がやたら似合う気がする。

楽しいだけじゃ…!課題が何も解決してない…!まぁ色々あると思いますが、行政に任せるとは言っていません。人がなんとかしてくれるだろうとも言っていません。自分にとってのいい環境が作り出せれば、多分どこでも自分の周りだけでも「おこせる」のでは。

きっと旅立っていった2人の隊員も、それぞれの地でおこし始めてるのは間違いないでしょう!何をその後選ぼうが、結果として日本がおこせれば素敵ですよね?

一年半ありがとうございました。これからも白川村をどうぞご贔屓に。