2016年4月11日月曜日

【セルフリノベーションワークショップ seasonⅡ】 使い方を考えるワークショップレポート

こんにちは!白川村移住コンシェルジュの石井です!

このブログに以前書いた通り今年も白川村では空き家リノベーションをしていきます。

しかし、何に活用していくかはまだ決まっていないのです。

そこで開催した空き家の使い方を考えるワークショップ。

4月2日と10日の2回行いました。

両日ともにスケジュールはこんな感じ。

①午前中は改修する空き家のある平瀬地区を散歩。
ふじや旅館さんの前で平瀬温泉に触れたりして散歩

②ランチタイムは庄川を眺めながらBBQ。
BBQ!食べることに夢中で準備中の写真しかなく。。


③午後は空き家見学と活用アイデアをまとめるグループワーク。
建物の中だけでなく周囲も見て考えてもらいました。


4月2日の1回目は7名の方に参加していただきました。
そのうち地元から3名の方に参加していただきました。

グループワークでは地元で猟師をやっている方からの思いのこもったプランも炸裂。
地元の方と他地域からの参加者が一緒になって考えてる様子がとてもいい雰囲気でした。

リラックスしつつも真剣な発表風景

よそ者の協力隊の活動にこうして地域の方にも参加してもらえたことが大変嬉しかったです!

恒例の集合写真。猟師さんは仕事のため途中退席でした。


4月10日の2回目は6名の方に参加していただきました。

この日の参加者は、3月末に開催した白川村ナイトから早速白川村に来てくれた方や
昨年のシェアハウスワークショップに参加したことある方々が集結。

決して多くはありませんがこうして協力隊の活動に繰り返し関わっていただける人に来もらい
、地道に続けていくことの大切さを実感しました。

2回目は柴原隊員のアオイロ・カフェでグループワーク

考えていただいた提案も1回目にはなかった子どもを対象にした活用案など、空き家活用の可能性がさらに広がりました。その分、これから用途を決めるスタッフ側の悩みが深まっていきます 笑

集合写真はマストです。

春の陽気の中、地域の雰囲気を感じながら、空き家についてあれこれ考えるワークショップ。私自身も楽しませていただきました。参加してくださった皆様、ありがとうございました!

さて、これからいよいよ空き家活用の用途を決めていきます。果たしてどうなるのか!?
スタッフ一同、頭を悩ませながら決めていきたいと思います。乞うご期待。

2016年4月8日金曜日

引越しの春

こんにちは。白川村移住コンシェルジュの石井です。

協力隊に着任しあっという間に一年が過ぎました。季節は巡って村での2回目の春です。

今日は私の住まいについてです。

この一年間、白川村南部の平瀬に住んでいました。住んでた場所は地元建設会社さんの寮。この寮には建設会社の社員さんの他、先日村を飛び立った高橋隊員も住んでおり共同生活を送っていました。いわゆるシェアハウスですね。

この寮の魅力は何といっても温泉に入れること。24時間かけ流しで平瀬温泉に入れるというなんとも贅沢な生活をさせていただきました。また、個人的にはビールの自販機が設置されていることも嬉しかったです。

そして3月をもって、高橋・石井はそろって退寮。高橋隊員は群馬県富岡市へ。私は白川村北部、小白川(こじらかわ)地区へと引っ越しました。大変お世話になりました!

高橋隊員引越しの日@寮の前


富山県との境に位置する小白川。そこで空き家を借りました。

で、でかい!

昨年秋ごろにその空き家の持ち主の方を紹介してもらい、やり取りがスタート。いろいろと話をしながら春から住めるよう準備をしていただき、無事引っ越すことができました。

大家さんや地域の方とのご縁には本当に感謝しております。

立派な一軒家、こんな収納を作りたい。この部屋のレイアウトはどうしようか。考えるだけでワクワクします。まだまだ荷物の整理すらままならない状況ですが楽しみは尽きません。

お金もあまりないので、その分工夫して住みこなしていきたいと思っています。
周辺のことも含め、ここでの生活はまたお伝えしていきます!



2016年4月1日金曜日

さらば、地域おこし協力隊

4月1日で新年度。本日から隊員3年目の男性隊員二人は
「白川村地域おこし協力隊Z(ぜっと)」として、
今朝の朝礼で辞令交付されました。
愛用の品を片手に、理想を追い、軽いトークと激しいアクションで
県内外、範囲を問わずに暴れまくります。


アキラ&コージ






今日はあの日ということでご容赦を(笑)