2016年3月31日木曜日

高橋、白川村から卒業します。

突然のご報告になりますが、この3月をもって白川村の地域おこし協力隊ならびに白川村から卒業します!



Web上ではほとんどそういった情報を伏せていたものですから、この場でのお知らせになってしまった方は本当に申し訳ありません。

一応、今日(3/31)までが任期ということになっていますが、4月から新しい生活をスタートさせるので、すでに引越しも済ませ、このブログは新居で書いています。

大学を卒業後、東京や大阪でWebディレクターとして働いた後、白川村に飛び込んだのは2014年1月のこと。地域おこし協力隊の活動は3年というのが一般的であり、2年3ヶ月で卒業するのでお伝えしたいのは、私の退任が協力隊でよくあるネガティブな理由ではないということ。白川村で過ごした2年3ヶ月は、僕の人生の中の本当にかけがえのない宝物です。こんなにも笑って、自分らしく楽しく暮らすことができたのも、白川村の人々が私を受けれいてくれて、暖かく見守ってくださったからこそ。改めて、本当にありがとうございました。

私が出会った白川村の人々は、自身の地域に誇りを持っていました。白川村の文化を次の世代に繋げていこうと協力しあっています。その姿を子供たちにみせることで、子供達が大人になった時、同じように文化を守っていく。白川村がいつまでも白川村らしくあるために、自分たちでこの村を守っていく。そんな姿を見れば見るほど、その想いに触れれば触れるほど、溢れてくるのは自分の故郷に対する想い。白川村の人々がそうであるように、私も自分の故郷に誇りを持ちたい。自分の家族や故郷が守ってきた文化を繋げるために私も生きたい。そう感じるようになりました。

私はこの4月から生まれ育った群馬県に戻り、富岡市で新たに地域おこし協力隊として活動を始めます。地域おこし協力隊は任期後もその地に定住という”期待”があったりするので、協力隊を渡り歩くのはイレギュラーなこと。(任期2年以上の隊員は 別の地域に移籍することは制度的にも認められているのですが。) それでも私は故郷に帰る決断をしました。

私の家系は昔から繭の仲買という仕事をしていて、父は日本で最後の仲買商です。私も幼い頃から親の仕事を手伝ったり、養蚕文化に触れてきました。富岡製糸場は世界遺産になりましたが、その文化の根底にある養蚕農家は減少する一方。今度は、富岡市の地域おこし協力隊として養蚕文化を守る活動を始めます。

都会で働いていた頃、自分がこんな決断をするなんて思ってもみなかった。白川村での経験や白川村で出会った人々が僕にこの決断をさせてくれました。

もちろん、白川村とはこれでさよなら!なんてことはまったく思ってなくて、合掌造り家屋というのはもともと養蚕に特化した建物だし、同じ世界遺産というつながりもある。世界遺産の白川郷と富岡製糸場を繋ぐ架け橋にもなっていきたいと考えています。


あなたにとって故郷はどこですか?と聞かれたら、胸をはって「ぐんまけん!」って答えるけど、「心の故郷は白川村です」って付け加えます。白川村にはまた会いたいって思える人々がたくさんいるし、これからもつながり続けたいっって思っています。


最後に、今まで撮りためた写真をスライドショーにしました。
引越しのバタバタで作り込みが弱いけど、卒業制作だと思ってください。

本当に、白川村がすきなんやさ。めっちゃいいところ、なんやさ。

充実した日々だったなー!




白川村地域おこし協力隊さんの投稿 2016年3月31日




さいごに

石井君は風邪でお休みな、白川村ナイト@リトルトーキョー

白川村の地域おこし協力隊の6人の仲間達と行政担当の高島さん!みんながいたから、ここまでこれた。本当に個性豊かでパワフルな仲間に恵まれました。最高のチームだったと思う。私は一足先に旅立ってしまうけど、これからみんながどこにいてもなにをしてても一生の仲間だと思っています。餞別にもらった「ひだ富岡」のTシャツのように、地域を横断した活動ができるようにがんばります。


これにて、高橋淳の白川村 地域おこし協力隊としての物語は終了。今まで本当にありがとうございました。それでは、いつかまたどこかで。それまで、どうかお元気で。


2016年3月30日水曜日

しごとバーで白川村ナイトvol.6 ありがとうございました!

「白川村にあって、都会にないものを届ける」白川村ナイト。このブログでもその様子を都度伝えてきましたが、今回は通算6回目の報告。
書き出して気づいたけど、そもそもこちらで実施の報告してなかったですね。。
今回のテーマは、ずばり「地域おこし協力隊」!
3期目の募集に合わせて、2期募集の時にも世話になった仕事百貨さんでの
求人広告掲載と、しごとについて考える「しごとバー」での募集説明会と
イベント実施の二本立て。



 会場のリトルトーキョーは、工事が予定より遅れてまだ完成前!
 白川村の協力隊は完成前の場所でのイベントや現場に縁がありますね笑




説明会を終えてから、緩やかに「白川村ナイト」がスタート。
毎回テーマを変えても変わらないのは村の人を連れて、
リアルな出会いや、村への感想、つながりを生み出す場を体験してもらうこと。
今回は、新規隊員着任後のボス、ということで村長に参加してもらいました。
こうしたボトムアップなお願いができる風通しの良さは、白川村の強みだと思います。

白川村ナイトで毎回好評のお料理。今回は、我らがもゆる料理長の料理の
予定が、 工事の完成が遅れてキッチンが
使えないことが2週間くらい前にわかったので、急遽ケータリングに変更。
cinema caravanをきっかけに勝手に友好都市として交流を深めている
逗子にある「amigo kitchen」に急遽お願いをし、
冬の終わりの白川村の食材と春の湘南エリアの食材という
山の幸と海の幸の両方が楽しめるものとなりました。




キッチンのメンバーの中には、実際に白川村や、紅葉の時期の
大白川に来てもらったことがあったり、イメージを出してもらうのに
テーブルクロスの色がエメラルドブルー。嬉しい演出でした。

会場で飲むお酒も、「きちんとつくられた美味しいお酒と美味しい料理が
あれば、前向きな話しか出ない」という西粟倉村の協力隊・道前さんの言葉を思い出し

同じく逗子の「ヨロッコビール」をお願いし持ち込み。
普段飲めないビールに、予定本数はあっという間に完売。
村関係者や参加者からも大好評でした。

白川村の協力隊に興味のある人から、なんとなく移住を考えたい人、
しごとバーのリニュアールを見てみたい人、などお越しいただいた理由は
様々でしたが、 村長をはじめ役場の人や協力隊を通して、
白川村の魅力を感じてもらえたと思います。
村産のお米を使ったクレープ。美味しかった!



一本締めのかけ声のために、なんと村長がマイクを!
締めの挨拶などでも役場の方が話していましたが、
すでに観光客の方は年間170万人以上と大変多くいらっしゃっている現状の中
こうした場でお会いできる人の数はとても少ないです。
しかし、多くの人数を「さばく」観光ではなく、こうした場
白川村をきっかけに人と触れ合れあうことは、
通常の観光よりもより深く、いい雰囲気記憶の中の「しおり」づくりに
つながると考えています。

それは、例えば村内の民宿の方々や、お土産屋さん、事業者さんは
すでに村内でやられていることだと思います。
僕たちは、村外に出る「営業」として、こうしたきっかけを生み出して、
より交流したい・関わりたいと思ってもらうファンを増やす。
村に来てくれた時にも、なるべくローカルの人との接点をつくる。
それを目指して一年活動してきました。
ライブハウスでライブをし、チラシを配ってCDを売る、
バンドの営業活動みたいなものかな、と。
おかげさまで、イベント後に来村してもらう人たちの数も目標を達成しています。

さらに前回実施のしごとバーは、2014年12月。よもぎちゃんとはここで出会ったのが
初めてだったりと、実は僕たちにとっても感慨深いイベントなのです。
今回生まれた出会いは、これから先何につながっていくのでしょうか。

ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!
また、今回約2週間という短い準備期間だったにも関わらず
最高のクオリティの食材や場所をつくってくれた村内外の関係者の皆さん、
ありがとうございました!


今回のイベントの趣旨でもある、第三期の白川村地域おこし協力隊、
まだまだ募集しています。
ご興味ある方、ご応募お待ちしています!

2016年3月29日火曜日

岐阜県の方、3/31の夕方はNHK「ひだみの通信」をご覧ください!

こんばんわー。大倉です。
皆様、期末進行の中いかがお過ごしでしょうか。
僕たちは、2〜3月にイベントが立て込んだこともあって!?
隊員が次々と体調を崩しております。。体調管理は大事ですね。

さてさて、雪の降る中での合掌家屋への引越しから1年。
家での生活の様子や、村で企画したイベント現場などなど、
1年間の僕の活動が情熱大陸ばりに密着取材された様子が、
3/31の18時半からのNHK岐阜「ほっとイブニングぎふ」で
放送されることになりました。
※放送予定は変更になる可能性あり※

公私ともに本当に色々なことがあった怒涛の1年、
どんな映像になっていくのか、僕自身も楽しみなような、ちょっと怖いような。。
白川村の景色や、隊員の表情を
だんだんと僕のヒゲが伸びていく様子をお楽しみください!

アップしそびれてたけど2月の朝の玄関からの風景

2016年3月16日水曜日

セルフリノベーションワークショップ(seasonⅡ)はじまるよ!


こんにちは。ただ今、村内引越し準備中のイシイナオキです。

例年にくらべて短い冬となった白川村。フキノトウなんかも顔を出し少しずつ春めいてきています。
春休みに白川郷へ行くことを計画している方も多いのではないかと思います。

                                                 photo by Jun Takahashi

合掌造りの風景も美しいのですが、そこで営まれていた生活や合掌を作る技術・「結」による共同作業のことなどなど、その背景にある文化を知るとより一層楽しい観光になるかと思います。
個人的におすすめなのは合掌造り民家園で見ることができる合掌造りのメイキングムービーです。気になる方は是非。


そして、今日はもう一つ白川村の楽しみ方をお伝えしようと思いこの記事を書いています。

タイトルにもある通りセルフリノベーションワークショップが今年もスタートします。
これは空き家の改修を自分たちで行い、村の集落に手作りの場をつくるワークショップです。今年度は白川村での生活を気軽に試せるシェアハウス「やまごや以上ほしぞら未満」を本当にたくさんの方々の手によって完成させることができました。

漆喰塗りワークショップの様子

同じように4月からもまた空き家リノベーションを進めていきます。

空き家を何に活用していくかというと、まだ決まっていません!

正確に言うと事業に供する用途で空き家を活用し、並行してそこの事業オーナーも募っていくという企画になっています。

その第一歩としてまずは「空き家の使い方」をみんなで考えます。


しかも、4月2日(土)、10日(日)の2回も開催!

企画だけでなく今後は実際の作業にも段階を追って関われるワークショップ。
子どもの成長を見守るように、空き家の成長を見に、いや、空き家を育てに、白川村に来るという一味違った楽しみ方はいかがでしょうか?セルフリノベーションワークショップ、参加予約はクラスカ岐阜で行っています。お気軽に参加してみてください。


そして、直前となりますが3月19日(土)に金沢にて「恋する白川村の歩き方~トントンカチカチ週末大工編~」というイベントをします。白川村での暮らしをお伝えし、白川村に遊びに来るきっかけができればと思っています。クタニシールワークショップも楽しめます。

こちらの方もお気軽にどうぞ。まだ間に合います。



2016年3月9日水曜日

平成27年度協力隊活動報告会

2期生にとって1年目の平成27年度ももうすぐ終わり。
ということで協力隊活動報告会を行いました。
3月7、8日の二日間、会場を変えて実施。

告知が十分にできなかったのですが、お越し頂いた方々には大変感謝しております。
ありがとうございました!

活動報告だけでは、こちらも来た人も楽しくないだろうと思い、
報告は内容を絞り、後半は交流タイム、最後のまとめという構成にしました。

昨年4月から2期生の4人が加わり、7人となった今年度の協力隊。活動の幅も広がりました。

そこで活動報告では、はじめに協力隊の立ち位置のこと、各活動の位置づけなどを説明。
協力隊の活動について「何をやっているかよくわからない」とたびたび言われてしまいます。
この機会にこれまでの活動を整理するとともに、改めて白川村地域おこし協力隊の全体像をお伝えさせていただきました。

整理した内容すべてを話してはとても時間が足りないということで、各分野ごとに主要な取り組みをピックアップ。とはいえその内容は、

白川村ナイト、シネマキャラバンin白川郷、空き家活用・移住、
ブランド委員会、未来会議、かやっこ、そんみんし、

と結果的に盛りだくさん。
これまでのこと、これからのこと、目的や思いなどなど、まとめてお伝えしました。


後半は交流タイム。
「村での幸せな時間は?」、「1年後どうなりたいですか?」、「そのために明日からすることは?」
テーマを変えてわいわいとおしゃべり。よそ者から見た村の魅力が地元の人にとっては当たり前になりすぎていること。観光客がいない時間が好きといったホンネ。いくつになっても学ぶ意欲を失わない姿勢。いろいろな考えに触れられる楽しい時間でした。

移住コンシェルジュ息子の「ハワイに住みたい」発言はツボでした。

地域の方々が普段考えていることや、村のどんなところを気に入っているのか。
なかなか聞く機会のない話題で盛り上がりとても新鮮でした。
一方で活動報告後の質問も「村のどこが好きで、どこが嫌いか?」、「活動の手ごたえはあったか?」といった内容でした。
活動の中身より協力隊自身が何を思っているかに関心があったようで、こうした対話の場がもっと必要かもしれないと思うところもありました。

そして、最後のまとめには「高橋タイム」が設けられました。
熱い気持ちを語った高橋隊員。
このあたりの詳細はあえて省きます。



直接顔を合わせてコミュニケーションを図り、地域の声に寄り添って行う活動。
外からの新しい風を入れ、地域に新たな動きをつくる活動。
その両方を進めていこうとしています。が、まだまだこれからです。

個人的には考えが及ばないことがたくさんあったり、行動力がなかったり、至らないことばかりです。
それでも、村の人、村の外の人問わず本当にたくさんの方々のおかげで、
協力隊として今までにない経験ができ、味わうことのなかった充実感、喜びがたくさんありました。

本当にありがとうございました。

今年もまた新隊員の募集が始まっています。
これからも白川村地域おこし協力隊をよろしくお願いします。

2016年3月7日月曜日

温泉のある暮らし

こんにちは、柴原です。

先日、家から車で20分程かかる荘川インターすぐの
「飛騨荘川温泉 桜香の湯」に家族で行ってきました。
http://www.shokawa.net/tour-guide/128




これも、いつも通ってるmy home 温泉である
「平瀬温泉 しらみずの湯」が2月下旬から3月末まで改修工事中だったので、
ようやく足を延ばして行ってきました。


「桜香の湯」は「しらみずの湯」とも水質が異なり、
肌にまとわりつくような独特の粘りがあり、
個人的な感想ですが、お風呂を出た後に
身体がつるつるになるような気がしました。


また、違う温泉に入りながら、感じたことは・・・


今の暮らしで当たり前になりつつあるけど、
暮らしの中に温泉があることって贅沢だよなって気づき。


以前は温泉って、身近にないものの代名詞で温泉に入りにいくために、
休日遠出して出掛けてたよなって。

北に車で15分で世界遺産の合掌造り集落にある「白川郷の湯」
徒歩数分で「平瀬温泉 しらみずの湯」
南に車で20分で「飛騨荘川温泉 桜香の湯」


白川村で温泉のある暮らし、いかがですか?

2016年3月1日火曜日

どこも移住・移住・移住って言ってます

もう、最近すごいですよね。
TV、雑誌、WEBというあらゆるメディアで
移住に関する特集が組まれ、移住という文字を
目にしない日はないんじゃないかな、というぐらい。

日本全国あらゆる地域の自治体が
人の取り合いしてんだから、
情報自体が飽和してます。当たり前。


白川村も有難いことに我々が移住窓口の活動を始めてから、
5組13名に方に移住して頂きました。

とはいえ、何度もこのブログでお伝えしてる通り、
特別豪雪地帯の白川村は本当に冬が大変。
今年は例年と比較して降雪量自体は少ないものの、
夜から朝まで降り続いた日には辺り一面が真っ白になって
景色がガラッと変わります。


昨日の夜から降り続いて、また冬に逆戻り。役場の窓から





何が言いたいかと言うと、白川村は決して住みやすい土地ではないという事。

そんな土地であり、人も資金(広報や受け入れ設備の整備など)も限られた
白川村が他のエリアと同等の取組みしても埋もれますよねってこと。

やはり、移住先進地にどんどん人が集まる状況はなかなか変わらないです。
これからも続いていくでしょう。
だって例えると、電気店行って家電を選ぶ際、買うものが決まってないと、
「一番売れてます!」の表示があるものを選んでませんか?

移住先もおそらく同じ。
「一番移住してます!」に安心感があるのは至極、当然の結果だと思います。



長々と書きましたが、色々考えて、考えが1週も2週も回ったあげく、
移住者を単に探すのではなく、新たな関係性を作る方向にもこれから力を入れていこう。

よって、こんなイベントを3月4日夜と3月19日昼に開催予定してみますよ!!

要は宣伝です(笑)
ゆる~い、イベント立ててみました!!人は集まってないですけど(泣)


※3月4日夜の詳細は下記URLより
岐阜県移住体験WEB Classca gifu
http://classca-gifu.net/programs/56b29a4f7777770ce21f0000
※3月19日昼は別途、掲載します