2016年10月11日火曜日

白山白川郷ウルトラマラソン

こんにちは、長坂です。
去る9月11日、「白山白川郷ウルトラマラソン」に福田、石井、前盛、長坂の4人で参加してきました。

石川県白山市をスタートし、標高1400mを越え、白川村にゴールする。
50kmの部、制限時間10時間。

この感情を伝えるにはどう書いたらいいのかとても悩みました。
その時の心情を書こうと思うと、ここでは収まりきれない気がするので、
自分たちの顔ばかりですが写真いっぱいでお伝えします。

前日に道の駅にて受付(この時はまだ知らない…)
 
村長と(この時はまだまだ知らない…)

村長の合図によりいよいよスタート!


10km、足が痛くなってきた。これをあと5回と想像しただけで心が折れた。

20km、下半身に激痛。登り坂早く終われーとひたすら願う。

20.2km地点おもてなしエイド、そうめん。
これを楽しみにここまで走って来た。美味しすぎて5杯食べた。
次は28.2kmのおろしうどんを目標に走る。

25km、こんなにつらいのにまだ半分…。
リタイヤをもやむを得ないと体と相談。

30km、登り坂が終わり下り坂へ。
前盛コーチから「このままのペースでは制限時間に間に合わない。
下りはエイド以外走ろう!」と告げられる。

40km、ここら辺は記憶がないくらい魂入らずただただ足を動かした。
今までなんとか写真だけは余裕な顔を作れていたが目が開かない。

41.6km地点おもてなしエイド、我らがすったて鍋。
前に進めば進む程、知ってる方に会えるのが嬉しい。
このままここでみんなとお喋りしていたいと思いながらも足を進めた。

白川村名物すったて鍋。このマラソンでは本当に食べ物に助けられた。
ある意味、白山白川郷ウルトラマラソンを一番楽しんでいたのは私かもしれない。

50km、タイム9:47:43で完走ー!
人に、村に、食べ物に、生きていることに感謝した10時間でした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿