2015年11月30日月曜日

今夜は白川村の隊員が電波をジャック!

白川村の地域おこし協力隊初!
同じ日に東海地方のテレビ局2局で、僕たちの取り組みが放送されます。

18:15〜
メ〜テレ(名古屋テレビ) UP!
http://www.nagoyatv.com/up/
ちょうど1年前くらいに
僕たちが着任した様子を取材いただいた続編で
白川村のその後の空き家活用・移住対策に様子が放送されます。

18:30〜
NHK ほっとイブニング 岐阜
http://www.nhk.or.jp/gifu/program/b-det0000.html
今日から始まる「岐阜の遺産特集」の初回として、
文化財・合掌家屋の利活用として隊員の旧寺口家の活用の
紹介がされるようです。
3月の引越しの頃から半年強取材いただいた総集編です。
皆さん、是非今日の夕方は
チャンネルをメ〜テレさんとNHKさんに!

取材いただいている風景

2015年11月25日水曜日

シェアハウスおひろめパーティ~ちょいちょいポエム編~

リノベるシェアハウスやまごや以上ほしぞら未満



2015年11月20日(金)
 
雪舞う季節の少しだけ手前
ほしぞらが見えるか見えないか
そんな夜でした

 
 
今まで応援してくださった方や、お手伝いいただいた方を招いて、
シェアハウスのおひろめパーティを開催しました。

手づくりの招待状
お越しいただいた皆様
この日のためにご協力いただいた皆様
 
本当にありがとうございました。
 
今までワークショップにご参加いただいた方は
村の外の方が圧倒的に多かったのですが、
パーティにはご近所の方もたくさんお越しいただき、
この日を境に
村の中の人と外の人とがつながることのできる場所として
成長していけたらと切に願っています。
 
”やまごや以上ほしぞら未満”記念ボトル

パーティ当日は
リノベーションの追い込みの傍ら、
朝から村長や議員さんが視察にいらっしゃったり
各メディアの方に取材していただいたり
バタバタでしたが、
改めてシェアハウスや我々の活動の意義を見つめ直す
いいきっかけになったと思います。
 
空き家活用の仕組みづくりについて熱く語る柴原隊員

中日新聞11月19日の飛騨版
 
このようにメディアに取り上げていただき、
我々の活動を幅広く知っていただくことも大切ですが
そのこと自体よりも、
たくさんの方に「見たよ」「おめでとう」と
声をかけていただいたことが嬉しいですね。
 
声をかけてくださった方も含めて
みんなでつくりあげたシェアハウスだと思っています。
 
さて
 
飾り付けやお掃除も無事終わり
 
やまごやとほしぞらのイラストを描いていただきました
感謝の気持ちを綴ります
welcomeボードでお出迎え
 
かんぱい
 
パーティではたくさんのお酒やお料理をいただきました。
 
お隣南砺市のお店から届いたオードブル
村の人たちの手づくりお料理
いのししの串焼きとタンシチュー
手打ちのおそばはだいぶ女将好み
 
他にも本当にたくさんの差し入れをいただき
全てご紹介できないことが心苦しいのですが
 
心温まるおいしい空間に
 
子どもからお年寄りの方まで
村の中の方から外の方まで
 
笑顔と笑顔がぶつかって
大きな大きな太陽が
私たちを照らしてくれる
 
くもりめがね3人組
それぞれにパーティの時間を楽しみます

外のブースもホクホクと盛り上がり中
たき火を囲んで女子会が始まりました
 
高橋隊員による映像もおひろめしましたが
只今編集中ですので
改めてご紹介させていただきたいと思います。
 
自分でつくった映像に泣きそうになる高橋隊員
 
ひみつの子どもべやでは・・・
 
壁に落書き
床に落書き①
床に落書き②
 
「うんこ」「うんこ」って言いながら
子どもってなんでも面白い時期があるんだよね
 
普段ダメって言われていることができちゃうことが
嬉しくてたまらないんだよね
 
実家の壁に落書きして怒られたことを思い出しながら
たまらなく温かい気持ちになりました。
 
ちなみにこの床
こんなにステキににぎやかに
 
大切な思い出になりますように
 
こんな伝言板みたいな落書きもありました
 
みんな絵が上手
 
楽しい時間はあっという間
 
3月から始まったこのプロジェクト
白川村にもっと気軽に住める場所が必要だよね。
 
ということでつくり始めたシェアハウス
 
お試し移住(試住)施設として
たくさんの人に関わっていただき、
愛着のある場所になってもらいたい。
 
リノベーション自体に興味をもっていただくことはもちろんですが
 
地域の人に会いに
 
何度でも
 
何度でも
 
何度でも来たくなる場所を目指して
 
解体
間取り決め
躯体の補修と補強
外壁づくり
床壁天井張り
 
春の緑色がとても濃かったこと
夏のラムネ色がとても涼しかったこと
秋の赤色橙色黄色がとても華やかだったこと
 
そして冬がやってきます
 
今日ここからがスタート
 
心のどこかに眠っていた言葉
 
もしこの言葉に共感していただける方がいらっしゃいましたら
一度白川村へ遊びに来てください。
 
伝えたい
 
今日より明日
明日より明後日が
 
より良い暮らしになりますように
 
来てくださってありがとうございました
 
シェアハウス
やまごや以上ほしぞら未満

2015年11月17日火曜日

ドキドキ

今日は午後からみっちり取材をしていただきました。
納期が短いお仕事なので大変そうですが笑
メディアの人たちとは違い、ある意味非常にフラットに
インタビューされて、新鮮でした。

僕たち協力隊は日本を変えるぜ!
なんて大きな野望は持ってはいませんが、
せめて日本に住まう人たちの笑顔が増えるように、そしてできたら
それがなるべく世界に広がるといいなー、なんておっさんながら青く思います。

動画の仕上がりがどうなるか?怖いやら楽しみやら。。


 


2015年11月15日日曜日

地域おこし協力隊のポータルサイトに登場しました

9月からの掲載なので、すっかり報告が遅れてしまったけど。。。
地域おこし協力隊のポータルサイトに
白川村での活動の様子のインタビューが掲載されました。

白川村の隊員の活動全体のことも話しているけど
僕の思っていることが中心になっているので、かなり偏った意見に見えますが汗
普段みんなで話していること、感じていることをなるべく文字に
写真はじゅんくん、 OURS.Karigurashi Magazineさん、 まちなみカントリープレスのhitomiさんでの取材のもの、 Cinema Caravan in 白川郷の様子など、

持てる限りの素材を使わせていただきました!皆様ありがとうございます!
 
任期を最長3年と考えるなら折り返し、来た頃は
予想をしていなかった荒波やゆらぎに揉まれながらの毎日です。
トライ&エラーの日々だけど、
やりたいことしか続かないし、そうあり続けるという
スタイルでいるのが、自分ができることだし、役割なのかなと
最近ぼんやり思ったりします。

普段でもインタビューも、
好き勝手なことやって言わせてもらってるのも
勝手な人体実験をチャレンジをプッシュしてくれた家族や両親、
日々のトライを見守って応援してくれる役場や協力隊、村の人たち、
そして、関わりある全ての人たちのおかげ。
自分が自分らしくでいられるのは、本当に出会いや
環境に恵まれているからだと改めて感じました。
 だからもっと、協力隊や役場という視点をとどまらず、
できること、やりたいことをやるしかないな、と。

改めてだし、照れ臭いけど、この場を借りて感謝します。