2015年9月29日火曜日

ふーちば半年ぶりに書きます

こんにちは。農業、子供、お年寄り担当 前盛よもぎです。

最近は、毎朝空気の冷たさと冬の香りにびっくりしながら、厚着をして朝の畑作業に出かけています。
沖縄出身の私にとってはもうすっかり冬の気配!

先日 南部地域のどぶろく祭りが終わりました。
初めてのどぶろく祭りは、とてもとても楽しかった!神事も獅子も民謡も会場も、石垣島とは全然違う!
祭りの意味合いや、村民の役割、衣装、三味線の音色、笛の吹き方、獅子の顔・体、舞い方、色々な違いに驚き楽しみながらも、

文化や芸能は違えど、どこの地域も 住民はお祭りが本当に大好きで、
子供も若者もお年寄りもみんなが1年間ずっと楽しみにきたこの日を、
心を込めて準備して大切に迎えるものなんだなあということを実感しました。 

神社での神事。笛を吹いて神様をお迎えしています。






















獅子舞(左 獅子とり・右 獅子)






















私の原点は島の祭りだといつも思うけれど、
大勢で祈り歌い踊り飲み捧ぐ「祭り」という文化は、
世界中で、ずっと昔から人の手で作られてきた、
人の心を強く繋ぐ本当にすごい手段だなあと改めて思う。

私たち協力隊も、準備のどぶろく詰めから、当日着物を来てお酌をさせていただいたり、
民謡を踊らせて頂いたり、獅子について集落の家々にお邪魔したりと、
お祭りにたくさん参加させていただいています。ありがたいことです。

祭りに向けてのどぶろく詰めの様子


お酌のお手伝いをさせてもらいました(左 福田隊員・右 前盛隊員)
お祭り2年目の柴原隊員

























































「世界遺産 白川郷」というのは、合掌集落への価値だけではなく、
長年の人の暮らしが生んだ村全体の歴史の深さにつけられた価値なのだなと、また強く感じたお祭りでした。
これから川下の地域のお祭りもやってくるので、10月いっぱいは村中がそわそわしているのだろうな(^^)


さて、今日書きたかったのはここから。

4月に協力隊になってから、半年が経ちます。
自分の業務や暮らしが白川に根付いてきてから発信することを始めていきたいな〜
なんて思っていたら、村での生活はめちゃくちゃ早くてあっという間に半年が経っていました。

先日、協力隊の先輩方に
「色々よもぎがやっていることを書いて発信していきなよ」と言われ
やっと書き始めようかなという気になりました。

村に来て初めての大きな業務「CINEMA CARAVAN in 白川郷」や
子供たちとの夏休みタブレット教室も終わり、

最近の私の生活は、朝5時頃畑へ行き、秋植え野菜やイチゴの植え付けに向けての作業をして、
8時ごろお家に帰りお風呂に入って朝ごはんを食べて
また午前中は畑で開拓作業、元気があれば午後も畑作業、雨が降ったら役場や廃校舎で通常業務。

奥・開拓前。手前・ 開拓後。
ちょっと畑らしくなったよ。
















すいか豊作でした。
割って置いとくと、夜の間にタヌキが綺麗に食べていきます。



















アオガエル・トンボ・ミミズ・カブトムシの幼虫など、
畑は生き物がたくさん





















仕事が終わると、どぶろく祭りに向けての協力隊の出し物のダンス練習。
ダンス練習が終わると、村のおじちゃんおばちゃんたちからの「ご飯食べにこんかー」という電話に甘え
夕ご飯を食べさせていただいて、民謡の踊り練習へ向かう。

そのあとも「民謡終わったかー野菜あげるでとりにこいよー」とかなんとかの
電話で誰かのお宅へ行き、話し込むうちに気付いたら夜中2時過ぎてる!みたいなこともしばしば。
家まで遠いときは、もうそのまま一緒にビール飲んでお泊まりする日も増えました(笑)

いつもお世話になっているきよさん。




















まだ村に入ってきたばかりの若造が、村の大先輩たちと毎日こんなに楽しく
温かい時間を過ごさせてもらえるなんてなんて幸せなんだろうなと、たまにふと思います。

石垣島に暮らしていたときにずっと思っていた、
長らく人の世話をして生きて来たおじいおばあたちが、
歳をとって自分がお世話をされる側になったときに、時代の変化やいろいろな事情で
温かい老後を送れず一人で寂しそうにしているなんて、悲しすぎるなあという思い。

島にいるときは自分自身が時間がなくて、地域のじいちゃんばあちゃんたちと
思うように一緒にいる時間を過ごせず、自分一人の行動でこの人が幸せを感じる時間は
すごく変わるのに、それさえできないのが申し訳ないなという思いがずっとありました。


地域おこし協力隊の働き方、というのは地域ごとに様々で、
白川村の7人の協力隊の中でも、1人1人目指している働き方には少なからず違いがあると思いますが、

私が白川村で協力隊として働く軸は、多分 去年ここに来ることを決意したときの
「いまの年齢でしかできない人との関わり方がある。今しか人に与えられない影響や幸せがある。
そして逆に、今しか感じられない人からの影響がある。」という強い直感だと思っています。

「家で1人で寂しいで今日も遊びに来いよ〜」と電話してきてくれる独居のおばあちゃん、おじいちゃん
「グランドゴルフ終わったで飯食いに行くぞ〜話し相手なってくりょよ」と誘いに来てくれるおじちゃんたち
「今度の週末は中華食べに連れてくぞー」と1週間前からお出かけの洋服選びをしているご夫婦。


私が3年間白川にいて一緒に時間を過ごしたことで幸せを感じてくれる人というのは、
きっと本当にわずか少しの人です。
今はただ私一人がお喋り相手の友達をさせてもらっているだけだけど、
こういった小さな幸せの時間を感じられる人がもっと多くなるように、ずっと続いていく形にして
残していったり、高齢者にとっての地域環境を整えることも、私のやるべきことの一つなのかなとも思ったり。
寂しい思いをしているお年寄りの方々の生きがいを作ること、毎日が楽しくなるような場所や機会を
提供することは、今どの地域でも必要とされていることなんじゃないかなあ。

村の敬老会にて微笑むしんぞうじーちゃん(右)




















お年寄りが元気な地域、それから子供達が元気な地域は、明るい地域だなと思います。
そしてその元気な子供たちが、将来地元にたくさん帰ってくるようになったら本当に幸せな村だと思います。

子供の時に、生まれ育った地域で本気になって取り組んだ楽しい幸せな思い出があることや、
大好きな場所や大好きな大人や友達がたくさんできたこと、地域を誇れることが、
大人になって将来の選択をするタイミングになって「自分の子供にも、あのときのような経験をさせたい」
「村に帰って恩返しをしたい」という選択肢が増える大きなきっかけになると、
私自身や周りの島の友達の生き方を省みてみて、強く感じます。


いまスモールスタートで始めていっている、
村の子供達と白川村に伝わる歴史の物語を題材に取り組んでいる「かやっこ劇団」の活動や、
毎日お年寄りと過ごしている時間、
小さいながら始めて行っている荒廃農地の再生・活用が、

これから2年半の期間の間に
高校のない白川村の子供達にとっての本当の意味での居場所作り、Uターン者の増加、
高齢者の幸せな環境づくり、後継者不足や客足の減少が心配になってきている農業や温泉を
未来に繋げるための、第一歩になればと思っています。


毎晩日記を書きながら、毎日の選択を振り返り、
生きていて幸せを感じるのは、大事な人や大好きな場所や忘れたくない瞬間が
増えることかなと感じます。

島にいたとき、東京での1年間、白川で過ごす今、
価値観やモノの見方は変わりゆくものなんだなと実感しながら

活動を見守り期待や助言をしてくださる村の方々、協力隊メンバー、
その他関わってくださる多くの方に感謝し、
今の自分がこの村の将来の幸せに関われる1番の方法を模索しながら
汗を流して働いていきたいと思っています。

残り半年の今年度、きっと初めてのことがたくさん押し寄せることと思いますが
来年から動きやすく活動していくための準備を、今しっかりやらなきゃな!

小学生ぶりに育てたひまわり!




















初めは少し気負って始まった地域おこし協力隊生活でしたが、最近は、
「いま私が故郷の石垣島に帰って働くことになったとしたら、どういう生活・仕事をしたいか」
というUターン者の視点で、今は岐阜県白川村に暮らす1人の20歳女性として、
村での生活がもっともっと魅力ある素敵なものになるように色々試しながら、この暮らしを謳歌して、
好きになったこの土地と人の幸せな未来に繋がることを考えて残して
生きていきたいなと思いながら、毎日暮らしています。


気づくと村での習い事も、民謡クラブ・フラダンス・押し花教室と毎日のように入っていて、
先輩協力隊じゅんさんの「村ではいつの間にかアフター5の空く日がなくなってくる」という言葉を思い出しました(笑)


毎日畑から眺める風景























黄金色だった村の風景も、稲刈りとともに衣替えしていっています























これから、紅葉があり、雪が降り、どんどん景色が変わってゆく様子を見れるのが楽しみです。
随分長くなりましたが、これからもまた活動の様子をちょくちょく書いていこうと思います。

みなさん、いつでも白川にあそびに来てくりょよ〜(^^)






















よもぎ

集合写真で振り返るシェアハウスセルフリノベーションワークショップ

こんにちは。いしいです。山の木々が色づき始めた秋晴れの白川村はとっても気持ちいいです。


白川村の平瀬地区で作っているシェアハウス。ワークショップを繰り返し、集合写真が増えてなんだか素敵な感じなので集めてみました。

まずは内装の解体ワークショップから始まりました。3月なのでこの時は私とシェアハウス女将こと福田隊員はまだいません。

3月20日

3月21日

続いて間取り決めワークショップ。柴原隊員のアオイロカフェで行ったりもしました。

4月17日

4月29日

そして、いよいよ施工のワークショップに入っていきます。写真を見てもらうと何度も写っている方もいます。こうやってリピーターとして参加してくれる方が何人もいることがすごくうれしいです。
6月28日

6月29日

7月26日

7月27日

8月4日

8月5日

8月22日

8月23日

9月17日

9月18日 職人さんも交えて

9月19日

9月24日 ツタンカーメンさんも来てくれました。
たくさんの人に参加してもらって少しずつシェアハウスがつくられています。本当にありがとうございます。また、ワークショップをやるたびにいろいろな出会いがあり毎回とても楽しいです。それが故に別れ際には一抹のさみしさを協力隊一同感じています。

そんな絶賛工事中のシェアハウス。明日9月30日、シェアハウス女将の福田隊員がシェアハウスに引っ越します!9月の集合写真に室内の様子が写ってますが、今もおよそこんな感じです。あまり変わってません。周りの心配をよそに本人は割と平気な様子。果たしてどうなるか。今後の動向にご注目ください。

2015年9月17日木曜日

伝統が伝えられなくなるカウントダウン

世界遺産20周年イベントは、観光イベントだけではありません。
今年は月に1回、白川村を何十年も前から研究してきた「柿じい」こと
柿崎先生にお越しいただき、村民を対象に白川遺産学のセミナーをやっています。
村史を編纂し、かつて村の教育長もされていた「柿じい」の話は、
村のことはもちろん、日本人の歴史を振り返ることもできるまさに
「温故知新」なお話です。

今回は、村にまつわる林業と、白山信仰のお話。
白山信仰や、周囲の地名も関わっているのがとても興味深かったです。
山のガイドの説明でもここら辺はお話していきたいと思います。

こうした、時間を重ねないとできない歴史や伝承こそ、
大人の鑑賞に耐えうるコンテンツだなあ、と思える分だけ大人になったのか。
わからないけど、こうした知識は、自分たちの足元や、
生まれ育った場所を見直すし、誇りの裏付けにつながると思います。
そして、こうしたある意味「トリビア」な知識が、知的好奇心をくすぐる一歩にあるし、
これが質の高い交流人口をつくるきっかけになります。
また、 海外に行くたびに思うけど、日本人は自分たちの国をいかに語れないか。
生まれ育った足元の文化や世界観を語れることこそが、
インバウンドを増やす(アウトバウンドすることで僕らが発するべきこと)
なのだと感じました。

こうした意味では、白川村は、あるいは飛騨地方はとても恵まれた環境だと思います。
歴史を振り返るきっかけにも、これを受け継ぎ磨いている人たちが
今もたくさんいるので。

一方で、悲しいな、ヤバイな、と感じたのは、話している先生が80代、
聞いている人たちは、40代〜50代という、若い人たちが少ないこと。
お祭りの前で忙しいとは思うけど、これまで屋台骨を支えてきた人たちの
動きがあまり見えてこないことに危機感を感じます。
先人達の英知を、どこまでありのまま受け継げるのだろうか、と。

イベーションが起きるには、危機感と多様性が必要だそうです。
協力隊という異分子がきて、多様性は多少は存在しだしたところ。
危機感は、与えるものではなく、生まれるものだと思います。
どうすれば、ポジティブに危機感を抱くのか、
僕らもまだ解はありません。






2015年9月8日火曜日

移住定住も取り組み方はイロイロ。

すでに3週間弱経過してしまいましたが、8/19に開催された、岐阜県主催の「第2回移住定住研修会」に柴原隊員、麻衣子隊員、私(タカハシ)の3名で参加してきました。

「地域において関心が高い、空家の利活用や空家バンクの活性化をテーマとし、先進事例を学び、今後の展開を考える」が目的でした。

講師は千葉県館山市の「NPO法人おせっ会の八代建正さん」と、広島県尾道市の「NPO法人 尾道空き家再生プロジェクトの豊田雅子さん」のお二人。

どちらの地域も移住者が増えてるとか、空き家の取組みが進んでいるということで注目されています。私も尾道には2度ほど訪れたことがあり、尾道の取組みの面白さを体感していたので、もっと深く裏側の話までも伺ってみたいなっと感じていたところでした。

お話を伺ってみて、おもしろいなっと思ったのは、それぞれの取組みの出発点が異なる事。


おせっ会は、もともと商工会議所が出発点となり発足した団体だそうです。

2015年9月3日木曜日

【セルフリノベーションワークショップ開催のお知らせ】

こんにちは。
空き家活用担当兼シェアハウス女将(見込み)の福田です。


白川村は村民みんなが楽しみにしている「どぶろく祭」が近づいています。
獅子舞や民謡の練習も始まり、だんだん祭の話題が増えてきました。

昨年のどぶろく振る舞いの様子
村がウキウキして、秋の空気も舞い上がっているように見えます。

我々地域おこし協力隊2期生にとっては初めての「どぶろく祭」。
楽しみあり不安あり(笑)
けどやっぱり楽しみの方がはるかに大きいパ~リ~ピ~ポ~!なのです。


~住みたい人が考える、シェアハウスの形~
と称して、今年3月から連続開催しているセルフリノベーションワークショップ。

いよいよ内装工事に突入です。

9月のワークショップは下記の概要にて開催いたします。


◆開催概要◆
 
日時:①2015年9月17日(木)・9月18日(金)・9月19日(土)
   ②2015年9月24日(木)・9月25日(金)
   いずれもAM10:00~PM16:00
   複数日開催しますが、1日だけのご参加も大歓迎です。

内容:①床下地・床貼り

   ②天井下地づくり・内壁ボード貼り

場所:白川村平瀬地区(岐阜県)

参加費:1,000円(保険代として)

対象者:白川村での暮らしに関心のある方
    DIYやリノベーションに興味のある方 

    などなど。"ピン"ときたら是非白川村へふらりと遊びに来てください!!!
    初心者の方も大歓迎。白川村の空気を感じながら、一緒に楽しみましょう!!!

参加人数や参加者からのご要望によっては、
みんな大好きBBQや、ワークショップ終了後の懇親会も検討しています。


お申込みはこちらから▼

1)メールまたはFAXでお申込みの場合

ワークショップ概要

2)webでお申込みの場合

webからお申込みいただけるサイト「Classca gifu」が立ち上がりました。
ご利用の際は新規会員登録が必要ですが、一度ご登録いただきますと、
その後様々なプログラムのお申込みが簡単にしていただけます。

Classca gifu▼
http://classca-gifu.net/programs/55dbf5a47777775f5d310000

Classca gifu とは?

日本のほぼ真ん中。
北部には標高3000mを超える山々が連なり、
南部には木曽三川が流れ、特に長良川は日本の名水百選にも選ばれるほどの美しさ。
そんな豊かな自然が織りなす、古き良きふるさとの風景が広がる
岐阜県。
 
移住したい。と思ったら、
何から始めたら良いだろう?
どんな地域に?家は?畑は?子育ては?
楽しみだけど、不安もいっぱい。
岐阜県中のたくさんの体験プログラムが
そんなあなたのことを待っています。
まずは自分がどのような環境を求めているのか考えてみましょう。
「農業がしたい」「自然の中で子育てがしたい」など、
目的に合わせて、まずは体験にご参加ください。
気になる地域がある方は、場所から選んでみても良いでしょう。

体験に参加して、移住したい地域が見つかったら、何度も現地へ足を運び、
気候や住まい、病院、買い物など、必要な情報も集めていきましょう。
そして、たくさんの人に出会ってください。
Classca gifuでは、じっくり進めたい「移住」、
地域とあなたを繋ぐ はじめの一歩をおてつだいします。 
 
[Classca gifu HPより引用]
 
 
つまるところ、岐阜県に移住してみたいと思った方へ、
移住への入口まで、ほんの少しだけご案内させていただける。
移住に関して岐阜県全体で盛り上がっていきましょう~!
というものです。
 
本ワークショップの他にも、魅力的なプログラムも多々ご用意されていますので、
みなさんLet’sぶっくまーーーーーく☆

2015年9月1日火曜日

1年かかるから・・・

こんばんわ、通信担当 柴原です。
本日、無事「白川郷 Wi-Fi」をリリースしました。


クラウドソーシングを利用して決定したロゴデザイン!



協力隊の活動として、きっと最初で最後になるだろう、
学生、社会人で学んだ無線通信の技能を活かせたお仕事でした。


役場内を上申する際に、僕が作成した説明資料の日付けが
まさに去年の今頃。


予算が無いから、来年度事業として計上して、
予算が無いから、話を進められず、
予算が無いから、しばらく温めておこう。


という訳でとにかくすぐ展開したいという情熱を
抑え込んで、情熱が冷めてから取組み始めた事業(笑)




行政を否定するつもりはないけど、民間では考えられない
スピード感です。
ただ、そうは言っても与えられた環境下で最大限の
パフォーマンスをするしかないですし、誰か個人が悪い訳じゃなく、
仕組み自体の問題なんですけどね。



そろそろ、来年度事業のリミットです。
また、一年後のブログに向けて、何か仕込まないとね(笑)