2015年3月31日火曜日

明日から新隊員が合流します

気づいたらあっと言う間に白川村に一年。
思っていたよりめまぐるしい毎日で、田舎でスローライフなんて、
多分できないだろうなと思っていたけど、当初の想定以上にfastなまま、
むしろ速度が上がり続ける日々が続いています。

明日から村では、新しい隊員が4人加わります。
僕たちや村の人たちとは違う、様々な出自なメンバーが集まります。
Amazonのジェフ・ベゾスさんの”2枚のピザ理論”で言うところの、
ちょうどいいバランスの人数です。
新しい風がこの村に吹き込むのか。
7人や村の人たちと一緒に、 今の延長線上にない未来にいかにたどり着けるのか。
そんなワクワクした気持ちで一杯です。

僕たちが来た1年強で起きた色々な出来事やプロジェクトも、
人員構成違ったら、全く違う形になっていただろうし、
自分がもし別の地域にいたとしたら、
あるいは地方に行くいう選択をしていなかったら、また違う未来が待っていたでしょう。
嬉しいことも悲しいこともたくさんあったけど、
選んできた選択でよかったと思えているから、
ひたすら今を重ねていく日々に、
これまで過ごしてきた時間以上に納得感と手応えを感じているのだと思います。

他の地域や、トップランナーと比べることもやっぱりあります。
けど、その答えは外になく、自分たちの足元や中にあることを
この1年で随分感じるようになりました。(それは仕事以外のスタンスも含め)

だから、引き続き僕たちだけの個性でしか辿り着けない、スタイル全開の
アウトプットとアイデアで、変化を生み出していきたいと思います。
じゃないとやってて楽しくないしね。

 まだまだ動き回る旅のような日々は続きそうです。


2015年3月30日月曜日

アオイロ・カフェ(前に進みたいという願いを込めて)

こんにちは、柴原です。

先週の金曜日3月27日に古民家改修した住居兼カフェの
カフェ・スペースのお披露目会をしましたので報告です。

(※お披露目といえど、まだ内装は完成してないため、、
実際は途中状況の報告ですw)

村民の皆様に「いつになったら出来るんだ?」
「長い事、工事してるねー」と言われ続けてましたので、
見て頂く絶好の機会になりました(笑)



ジュンスパーク隊員に撮影してもらいました

店内の様子がボヤけた写真でご勘弁下さい。
こんなインターネットで何でも情報が取れる時代だからこそ、
現地現物を皆様に見て頂きたく、店内写真のUPは控えたいと思います。
決して出し惜しみではないと言っておきますw

まだまだ、内装は変化していきますし、その過程も楽しんでもらいたいなと。



そして、当日ですがお子さんもたくさん連れてきて頂いた結果、
40人を超える来場者に!!
ピーク時はカフェ・スペースが人でごった返したので、
友人達には住居部分でくつろいでもらったのはここだけの話です♪

ピーク時の住居部分の入り口。沢山の靴で溢れ返ってます(笑)


次回は4月10日。当面は金・土曜のみ営業していこうと思っています。
是非、遊びに来て下さい!!


2015年3月27日金曜日

西へ東へ

雪解けの音が日増しに大きくなると、いよいよグリーンシーズンも間近な雰囲気。
嬉しかったパウダーアラートが終わりを告げると、
いよいよ新緑溢れるトレイルシーズンの始まりです。
今週末は、白山白川郷ロングトレイルのプロモーションで、
僕大倉は、好日山荘の”おとな女子登山部”とのスライドショーのために大阪に、
スパーク隊員は、”全国山の日フォーラム”のブースで東京に行きます。

ご都合つく方、是非現地に足をお運びください!
白山白川郷ロングトレイルの魅力をたっぷりお届けします!

2015年3月26日木曜日

合掌造家屋から始まる新しい場づくり

例年以上に雪が多かった今年の冬。
2月の終わりから暖かくなって一気に春になるかな、と思いきや、
昨日まで断続的に雪が降り、まだまだ雪が多い白川村です。
期末の慌ただしさに加えて、4月からの新年度の企画の仕込みや
新隊員のジョインの準備など、会社員時代以上の目まぐるしい日々が続いています。

そんなさなかですが、昨年後半から準備していた合掌造り家屋活用の
プロジェクトがいよいよ本格的に動き出します!
空き家もそうだけど、文化財もただ残しておくだけではもったいない。
ハコモノ、冷凍保存のただ見るだけの観光の体質から変わるきっかけ、
村民や協力隊、観光客など、様々な風と、土地の文化が混ざり合い
新しい”風土”が生まれて、住む人も訪れる人も輝くための場づくりをめざしたいと思います。

詳細はまた追って、なんですが、まずは年末の雪おろしの様子!
高いところが苦手なんで、完全にへっぴり腰です。




2015年3月22日日曜日

地域おこし協力隊 「表」と「裏」の全国サミット

遅ればせながら、3/8に開催された『地域おこし協力隊全国サミット』に
行ってきましたというブログ記事です。

こういった内容は鮮度が命!と思いつつも、もう2週間も経過してました。失礼!


そもそも地域おこし協力隊の全国サミットってなんじゃい!?って方に向けて、
基本的な情報からお伝えしたいと思います。


■まずは、基本的な情報から。


会場は大都会東京のど真ん中、六本木ヒルズのアカデミーヒルズでした。

全国から協力隊が六本木ヒルズにかけつけた。

内容としては、総務大臣のお話から始まり、
佐藤可士和氏の特別講演、協力隊のトークセッションと活動報告会。
あと、自治体ごとに15秒ずつのPRタイムなんてのもありました。

同時開催として、
六本木ヒルズの真下で地域おこし協力隊フェアという、
協力隊が生産なり開発にかかわった商品などなどをPRするための
ブースなんぞも出ていたりしました。


白川村からは、私(高橋)と大倉の2名での参加でした。


2015年3月16日月曜日

co-ba HIDA TAKAYAMAのセルフビルドをお手伝い!

珍しい3月の大雪に翻弄されて(あるいはパウダーと戯れて)
いたら、あっという間に3月も半ば。。
その間に全国サミットとか色々出来事があったんですが。。。
また追って書くとして汗
久しぶりに村にいる日曜日だったので、午後から高山市の
コワーキングスペースco-ba HIDATAKAYAMA のセルフビルドを手伝ってきました。
立ち上げを目指して奔走している翼くんと住くんは
こちらに来てから色々なつながりの中で、今は色々と企んでいる仲間同士。

宮川沿いの気持ちいい場所なので、
完成したらここでイベントとか仕事したら、
調子よさそうだなーとカウンターの高さを出したり固定したりとお手伝い。

 色々妄想しつつ汗をかく楽しい時間でした。

オープンは来月末予定とのこと。完成が楽しみです!
ちなみに、古民家リノベートとかしてるから
こういう大工得意でしょ、といわれましたが、
今の隊員3人の中で僕が一番不器用なので、
道具を使うのは毎回ビクビクしてます!




ショートな近況ですが、
年末から毎月ずっと12月みたいな時間の流れが続いています。
で、さらに次々と動き出すプロジェクト。
ドンドン出会う新しい発見やひとたち。
落ち着かない日々だけど、それだけヒキが強くなってる!とポジティブに考えて
引き続き高速巡航を続けていきたいと思います。

来期の村の予算もボチボチ固まり、
あと2週間で新メンバーもジョイン。
まだまだ東奔西走なまま、隊員任期1年目が終わりそうです。

2015年3月6日金曜日

活動報告会を行いました!

 2014年1月に着任以来1年強の活動結果や、
今後の活動についての報告会を行いました。
 村内が南北に広いため、4日と5日の2日間の実施でした。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

三者三様の報告内容とスタイルでしたが、
四季を通して、村で暮らした感想、
いいと感じたところや悪いところも率直に伝えさせていただきつつ、
地域のつながりの強化から、空き家・廃校の活用、コンテンツ開発や、
情報発信戦略、村民企業の促進などまさに多岐に渡る発表になりました。

今回目指したのは、
僕たちの一方的に話す場でなく、お互いに話せる場にしたい、ということ。
実際に、色々な年代の方に来ていただき、
感想からエールまで、様々な意見をいただいたこと
対話をする中で、場や人の雰囲気が前向きになっていくのが感じられたこと
1年間、アクションをし続ける僕たちの姿を見て
 滞っていた村の空気や人の気持ちが少しずつ動き始めた
手ごたえがかすかでもあったことが、大きな収穫でした。

前例に倣えの空気が強く、噂話かテレビの話しかしないこの村では、
これまでや日々の延長線の場でなく、
”あんなこといいな♪できたらいいな♪”を自由に語り合い、
しかも実際に行動に移せる場づくりが必要 だ、と改めて感じました。

一方で、こうした場に参加してもらえるのは、どうしても
村内でも固定メンバーになりがちで、巻き込みがまだまだできていないのが
よくわかりました。”村民参画”が引き続きキーワードになりそうです。
 
村民の方からは、一年でこんなに色々なことが起こるとは
思っていなかった、という感想を多くいただきました。
僕たちも満点とは思っていません。
何より、今の状況は、僕たちの力だけでできたと思っていません。

普段接している平瀬地区を中心とする村民の皆様。
怪しく、何をするかわからない連中の動きを受け入れていただきありがとうございました。
また、内外でコンタクトさせてもらっている皆様も大変お世話になっています。

さらに、特に活動の中心地域となった南部地区で村民の皆さんとのつなぎ役として、
行政の協力隊担当歳して、が次々と繰り出す新しいアクション(ワガママ?)に
スピーディーに対応し続けている高島さんには毎日お世話になっています。
 ありがとうございます。

そして、3月で任期が終わってしまいますが、
外部からの政策顧問として、僕たちが来る前から様々な活動を続け
地域おこし協力隊を受け入れるきっかけをつくっていただき、
さらに日々マネジメントに関する知識や、他地域の情報を与えていただく伊藤さんにも
改めて感謝の気持ちを記しておきたいと思います。

4月からは、新しい隊員も増えます。
欲しい未来は自分たちの手でつくる 
よりパワフルに、ワクワクとした日々を過ごしていきたいと思います。




 

2015年3月2日月曜日

隊員、家に住む

こんにちは、柴原です。

購入した古民家に住み始めて、半月経ちました。

2階建ての家の1階部分は改修しましたが、
まだまだ昔ながらの部分も残ってます。
廊下は息が白くなる程寒く、風が強い日は
雨戸がガタガタ音立てるのでうるさくて起きてしまう程。


それでも、多くの方に改修工事を手伝ってもらった
我が家はお気に入りの家になりました。
ありがとうございます!

ご報告も含め、一部、お披露目です。
(※写真は改修工事が終わった後すぐ、現在は荷物でごちゃごちゃですw)


昔ながらの趣きを残した建具で囲まれた囲炉裏部屋

畳下から出てきた囲炉裏

息が白くなる廊下

以前、和室だったキッチン

以前、物置きだったリビング

以前はキッチンだった玄関
(※写真、背中側の土間にシンクがありました)



住み始めて、すっかり生活感が出てきましたが、
より暮らしが良くなるように今後も自らの手を入れて
改修していきたいなと。
日々、ちょいちょい、塗装や左官作業しています。


なお、同建物内にカフェスペースも準備しています。
”完成しないカフェ”として、改修中の姿を見せたまま、
3月中にプレ・オープンする予定です!!
こちらも追ってご報告を♪