2014年9月29日月曜日

全国自治体初!合掌造家屋×スペースマーケットがスタートしました!

ブログもあまり書かないまま、もう9月も終わり。。
すっかり柴ちゃんのリノベートブログとなっていましたが、
やっと2Qの終わりにやっと準備していた案件をリリースできました!


リリースに思い切り思いを込めました!

>昨今「空きリソース」に特化したビジネスが国内外で活発化していることに注目し、村が管理している文化的な遊休スペースを積極的に活用するために、スペースマーケットに出展しました。今後も、村内など中山間地域に眠る各種資源と、国内外の様々なベンチャー企業やソーシャルメディア、ITサービスなどを組み合わせ、地域課題解決や地方創生、観光産業や日本経済の活性化を目指します。

今回の取り組みで得られたものはすごく多いと思っていて
1)「前例がないことをやる」という前例ができた
→行政関係の調整を本格的にやって出てきたのが、”前例の問題”と”法律の問題”。
眠っている遊休資産をマネタイズできるからいいじゃん、
というシンプルな思いだけでは駄目で、
調整するなりに、調整する理由や建前が必要。

2)「合掌造」を新しいコンテンツにすることができた
→保護や規制の対象だった合掌造だけど、すべてがいつも
アクティブかというとそうでもない。
白川村の現状のヒットコンテンツの合掌造で、マネタイズに使えるものがあるなら
積極的に使うべきでは。

マネタイズまでつながらないにしても、古い村で小さな新しい一歩が、
小波が立てられたので、よしと思ってます。
おかげさまで露出のサイトも多く出せてもらえたのと、
新聞沙汰にもなりまして、なんと岐阜新聞さんは朝刊一面に!
ありがとうございます!




これから来期に向けての動きだしも始まるし、
下期もこれまで以上にガンガン動いていきます。協力隊の範疇もこえるかも。
忙しいまま残り3ヶ月も過ぎていきそうです。

















2014年9月20日土曜日

清流の国ぎふまちづくり実践講座

今日は大垣市のソフトピアジャパンセンターで
行われた、清流の国ぎふまちづくり実践養成講座を受けてきました。
午前中には基調講演が行われ、
『里山資本主義』で様々な提言をされている
藻谷浩介さんの講演がありました。
生でお話を聞いたのは初ですが、
実際の数字や歴史からの仮説立てから、立証までのロジカルな目線、
緩急豊かなプレゼンテーションスキルと大変刺激的でした。

少しお話もさせていただきましたが、僕らの活動の方向性や
相当リファインすることが不可欠であることなど
認識をうかがえたり、方向性についてお話ができてよかったです。

振り返れば、この夏、小田切徳美さんと藻谷さん、神山町と大南さんと
今の日本の地域活性化のキーパーソンの方々に
お会いできたりお話を聞くことができました。
改めて感じたのは、白川村が直面している現状は、
程度の差はあれ、日本全体でこれからもっと表面化していく問題で、
それに対して僕たちは余りに現実と今の認識がズレていることと、
やれる打ち手を早く打って、自分たちで描く未来を具体化しないと、
ただでさえ手遅れなことが、施しようがなくなってしまう、
という危機感を感じました。
思考停止にならず、やれることからトライ&エラーを続けていきたいと思います。





2014年9月17日水曜日

隊員、空き家買う⑤

譲り受けた家をコミュニティ・カフェ(南部観光案内所の機能をもった交流施設)兼住居に
するために鋭意、解体中です。


いざ、住むには凄く寒い。

いざ、カフェにするには間取りの変更をしなくちゃいけない。


という訳で今まで日曜大工もままならない人間でしたが・・・


倉庫として利用されてたらしき箇所。甕や桶が転がってました
 
この頃はまだ要領がわからず、一枚ずつ時間をかけて丁寧に剥がしてましたw


 ふぅ。。。ようやく前面が取れました。これでこの日は作業終了。


 別日で作業をし、無事に解体できました♪


当初、作られたであろう手順の反対に1つずつ進める事で構造上の学びがあったり、
バールの使い方が上手くなったり、自身の成長を実感します。また、自分自身が大工仕事の
面白さに目覚める瞬間をほんの少しだけ感じました(笑)

ただ、やはり素人一人でやると時間が思っている以上にかかるというのも
やってみてわかった学んだこと。


日々、勉強ですね♪
また、次回!!
 






2014年9月10日水曜日

隊員、空き家買う④

現在、自分達でできる範囲の改修(正確に言うと解体のみ)作業を行ってますが、
まずは荷物整理した段階の写真を一部、紹介しますね。

1階住居入口。すすで天井がイイ味出してます♪

1階の土間。昔、商店をされてたスペースで、村民の皆様は懐かしそうにここに来たらなんでもあったと話をしてくれます
 


1階奥。写真左手に倉庫。向かいの棚など物置きスペースと使われてたようです
 
2階の道路側です。畳を剥いだら、昔のコタツ用の穴がこんにちは。

2階の廊下です。ふすま上の建具がお気に入りです。
 
風呂の火入れ。壁の向こうにお風呂。そういわゆる五右衛門風呂というやつです。

2階廊下。実は右手に庄川が流れています。ここからの景色が・・・(出し惜しみ)

 
 
空き家の隊員による改修作業はまだまだ続きます。9月も毎週平日に内覧&改修日を開催したり、
週末は作業して家を開放してますので、空き家に興味のある方、作業をお手伝い頂ける方は
お気軽に協力隊メールに連絡下さい!!猫の手も借りたい状況ですw

2014年9月4日木曜日

隊員、空き家買う③

空き家の流動化(空き家が市場に出る)の大きな障害の一つがこれ・・・


いわゆる「ゴミ(廃棄物)問題」です。


白川村はゴミの分別が厳しく、特に大変です。
費用も数十万程度するので、
空き家だけどゴミを野放しにしたままというのはありがちな話です。

やらないといけないとは思っているけど、
面倒でうやむやにしてしまうといったオーナー側に働く
心理としてよく理解ができます。



という訳で隊員が譲り受けた家でも同じくこの問題に取り組みました。


①親戚の方々が持ち帰る思い出の品を仕分けします。

②購入者(この場合は隊員)が①で不要とされたものの中から、
 利用したい品を仕分けします。

③ ①でも②でも不要となったものを搬出します


仕分けの上、廃棄するとなったゴミの一部です。

親戚の方々が村外にいたこともあって、おそらく、
この①~③工程だけでも述べ3ヶ月以上かかっていると思います。
荷物と思い出を整理するということは時間がかかることなんですね。


最後に僕もお手伝いさせてもらいましたが、搬出作業だけでも丸二日、
述べ10人ぐらいでの作業でした。。。

コンテナにモノを入れて、トラックで運び出すこと数回。ヘトヘトになりました。


 



 


2014年9月1日月曜日

「せかいのかみやま」になった理由を郡上市で聞いてきました

岐阜県郡上市の地域おこし協力隊の方から教えていただき、
HUB GUJO主催の大南信也さんの講演を聞いてきました。
大南さんは、創造的過疎を持論に、徳島県神山町でNPOグリーンバレーを
率い、様々な取り組みを行い、“せかいのかみやま”として
全国をから注目を集めています。

講演内容は、神山町で実際に起きたことと、これからどうしていきたいかが中心で
大変濃厚なものでした。さらに経験をされてきた内容が中心のため、
協力隊として地方に入る前からかじってはいましたが、
現地に入っての肌感を持って聞くと、とてもリアリティがありました。

色々とキーワードはありますが、
松下電器さんやサントリーさんのように
“やったらええんちゃうん?”の精神がやはり大切だと思いました。
こうした地域おこし協力隊という制度に乗っかっていること自体、
すでにかなり人体実験ですが。。
行政や地方の方々は、特にトライをしづらい環境で
暮らしてきたので、少しずつでも刺激になれていってもらわないと、
大南さんもおっしゃってました笑

あとは、ワークインレジデンスしかり、
“ターゲットを定める”
過疎しかり、観光しかり、自治体が抜けやすい点だと
思うし、実際にそうなので、ここは僕ら白川村協力隊もこれから
シューティングをしていきたいポイントでもあります。

最後にまとめておっしゃられていた
もともと地域に住んでいる“原住民の心得”は、
僕ら外部の人間があまり意識をしてなかったけど、
こうした準備を村の人にも少しづつしていたいただいている
実感もあり、こちらも大変腹に落ちました。

・形から入らない
神山町の真似をしてAIRありき、などハコを最初に
決めてもうまくいかない。
すでにある、目の前にある面白いことを磨いていくのが大事。
今から未来を予測するより、将来こうありたいから
今何をする、というbackcastingな発想を
・異質なものを面白がる
外部の人だから違って当たり前、知らないことがあって当たり前。
いい悪いはやってみてから考えればよい。
アイデアキラーにならないことが一番大事。
・自分たちも主体者になる
これまでまちづくりは行政がやってくれるもの、だったけど、
そうではなく、自分たちの地域は自分たちでつくる、
という一歩踏み込んだ意識が大切

講演後少しお話させていただきましたが、
とてもパワフルで男気溢れる方で、
この人にやったらええんちゃうん?と言われたら、
できないことはなにもなさそうで
誰もが惹かれて、神山町に住みたくなるのが納得の雰囲気でした笑

まだまだ至らない点も多いけれど、
地域づくりエッセンスになる点がとても多く、
月曜の朝から早速色々と企画に頭を巡らせています。

貴重な機会をいただき、HUB GUJOの皆様、
教えてくれた吉住さん、ありがとうございました!