2014年8月29日金曜日

隊員、空き家買う②

今回は譲り受けるまでの経緯について書きたいと思います。


まずもって、大前提に僕と高橋隊員は空き家対策と廃校活用が
与えられたミッションでした。
なので、早い段階で自分が空き家に移る必要性を認識していました。


ただ、空き家といっても、取り組めば取り組む程、
本当に状況が千差万別で、
ずっと誰も住んでない文字通りの空き家もあれば、
盆や正月だけ親戚が集まる家、
別荘のような利用をされてる家などがあります。

また、誰も住んでない空き家の中にも、冬季の雪降ろしなどの
親類や隣人にて管理がされている家があれば、
当時の荷物がそのままで茫然としてしまう家、
または不要な荷物が片づけられており、すぐに次の人が入れそうな家など
様々存在します。


実は、譲って頂いたのは盆や正月に親戚が集まるお宅でした。
そして冬場も県外の親類の方がしっかり管理されてて・・・。

要はずっとではないけど、ちゃんと現在でも大事に使われていたお宅でした。

盆や正月だけしか使わないなら、他の人に譲った方がいいじゃなかろうか?という
安直な考えは空き家を解消したい側の理屈だっていうことに気づかされました。


それは『故郷』なんです。


盆や正月にしかいかなくても、住んでた人達にとっては思い出が
沢山詰まった故郷だということ。その家を別に人に譲ることで
自分達の生まれ育った故郷が無くなってしまうということ。
この家の道路は昔、交通量が凄かった。小さい頃、家の前の川で
遊んでいた。昔は用水路が整備されてなかったなど、この家を起点に
様々な思い出がそこに住まう人々に残っているということ。


そのお宅のご親類の方と話す機会があり、そのやりとりの中で
故郷を喪失する寂しさが伝わりました。あぁ、なんて自分は浅はかさ
だったのだろうと。。


でも、だからこそ、今後空き家対策を進める上で空き家をただのハコとして
見るのではなく、一つ一つ、住み継いだ人達のストーリーを大事にしながら、
次に大事に使ってくれる人を探していきたいと心に誓ったのです。



ご親類一同で話し合って頂き、『柴原さんにお譲りいたします』と
回答を頂いた際の喜びは今でも忘れないし、
譲り受けた後もこのオーナーのご親類の皆さんが
気軽に見に来てもらえる家作り、関係作りが出来ればいいなと心底思ってます。


2014年8月27日水曜日

南砺市より、こんにちは

隊員の柴原です。


一昨日、南砺市より地域づくり支援員研修会にて講演依頼を頂きまして、
『地域おこしへの挑戦』というテーマで1時間、話をさせて頂きました。

ちなみにテーマは提案頂いたものをそのまま引用しました。
決して、手抜きではありません。依頼者の要望に応えるべく最善を(笑)







南砺市は市管理職員を地域づくり支援員として派遣するような少し変わった
取組みを行っていて、南砺市長からの辞令交付式後の一コマです。


南砺市には協力隊及び一個人としても、関わりがある方々が現在進行形で
様々なアクションをされている地域です。

どういう経緯かは正直分かりませんが、専門家や大学の先生でなく、
講演の実績もゼロ、活動の実績もまだ出てない一隊員に
管理職クラスの研修講演を依頼する良い意味での
行政らしくない型破りさに仰天?!


いかに端的に物事を伝えるかは散々、前職で訓練してきたものの、
長い時間、そして人の心を揺さぶるように話すのは
やはり難しいもんですね。。。


自身を見つめなおす良い機会を頂けたと思って、これからまた精進していきます!!


白川村 with Google Photo Sphere

今週リリースされたパノラマ写真が撮れるスマホアプリ
“Google Photo Sphere”がなかなか調子がいいので、村内を
回って撮ってみました。

白川村一スパークしている高橋隊員が校長の旧平瀬小や



白水の滝の散策路


もうちょっと慣れて綺麗に撮れると、雰囲気も伝わりやすくなるかな。
撮影に向き不向きな場所もあるのもよくわかります。

ストリートビューで撮りきれない部分を
生活者にやってもらう、という意図にのっかって、
色々なアーカイブを撮って行きたいと思います。

2014年8月11日月曜日

隊員、空き家買う①

こんにちは、白川村移住コンシェルジュの柴原です。


実は、白川村に今年1月に移住してきて、
半年とちょっとですが、空き家を譲って頂く事になりました!
本当に、本当に有難いお話です。

なぜなら、移住コンシェルジュを名乗って村民の皆様から
移住者の住居となる空き家情報を集めたり、
移住希望者の方々の問い合わせを受けたりして、
相談に乗っているにも関わらず、
自分が空き家に住んだ事が無いなんて・・・


そんな説得力の無い話は無いでしょう!!!


という事で移住コンシェルジュと名乗る以上は
現在の住まいである村営住宅から平瀬内の空き家への引っ越しは
自分に課せられた使命だと思ってました。


ってな訳でして、空き家を探して、購入するまでの物語を
これからシリーズ化して皆様にお届けしたいと思います。
そこで私が感じた事や空き家に秘められたオーナーさん達の
想いなど、今回の経験を通して本当に多くの事を学ばせて頂いた事を
皆さんとシェアできれば良いかなと思ってます。

たまにはそういった真面目な内容も挟みながら、
このブログを通してエア移住気分を楽しんでもらうのもよし、
実際に田舎暮らしに興味があって住居探しされている方の参考に
してもらうのもよしかと思います。


正面の図


※なお、実際の進捗より遅れて情報公開することになりますのでご了承ください!!

2014年8月8日金曜日

村内広報、本日校了。

台風の影響もあり、朝から雨な金曜日。
今日は毎月発行の村内広報誌”広報しらかわ”の校了日でした。

先週終わったばかりの消防操法大会など、
今月はギリギリまで原稿の修正や変更が続き、先ほど、無事?
校了となり、ほっと一息。



村民の方からも、最近ちょっと広報が変わったと思った、読むようになった、
と言われることが増えてきたので、やりがいもちょっとずつ感じる今日この頃です。
この腕章をつけて村内を歩いているので、
新入りの僕でも、割とみなさん怪しまずに接してくれます。
村内ネットワークづくりの一環にもなって大変ありがたいです。

サラリーマンの頃から、、社内広報は企業文化をつくったり、
ロイヤリティア向上に寄与することだと理解をしているので、
”情報発信”担当として、村内広報をしているのは、白川村の文化や人の理解、
村民に伝えたいことや課題感の共有など、
大事な作業をやらせてもらって光栄だと感じています。

一方で、こういう広報作業が中心になりがちで
”村の職員の作業の代行”になりすぎてしまっているのも事実。
他の人に切り出したくても、この規模の地域だと、渡す先がない。
リソースはだいたい足りてない。どこの山村も一緒かな。
あとは、当たり前なんだけど、発信だけをしていても、
地域おこしの本質にはつながってないな、とやってて常々思います。

1Q回して、(Qのまとめの投稿ができてなかった。。)僕ら3人に関しても、
下期にも向けて、そろそろ一度、棚卸しと整理をするタイミングになりそうです。
担務やゴールの変更もゼロベースで切り直したいなと。

僕、大倉がやってる役場的な業務の、こうした変更みたいなことが、
一番効かない体質なのが多分”役所”なんだろうけど、
そこは波立ててくしかないかな~、とぼんやり思った校了明けの金曜の午後でした。


2014年8月7日木曜日

Ask, and it shall be given you.

自慢ではないけど、偶然の出会いにはほんと恵まれてる方だと思う。
こういう時の嗅覚や直感は、信じれば当たることがほとんどだ。

知らない土地に行っても、ローカルクラスのウマいご飯を見つけたり、
寄り道したら、いい景色に出会えたり、
海外のなんてことない街でも、都会でも、忘れがたい出会いがあったりとか。

こうした出会いは、いきなりに、だけど、きっと、起こるべくして起こる。

昨日は、高山植物の撮影しようと思って、激残業のち早朝から平瀬道へ。
ガスと強風な上、稜線にいると吹き付けられた雨で顔が痛いくらいの
バッドコンディションになったので、昼前には撤退。

下山すると晴れてくる、登山あるあるな天気を眺めながら、
平瀬道のベースにある白水湖畔ロッジでクールダウンのアイスコーヒーをひっかけて、
さてシャワー浴びてデスクに向かうか、と思いきや、1組の登山客。
悪天候で予定を早め、予約なしに平瀬道に下りて来たらしい。

平瀬道や大白川エリアは、荒れて狭い山道を10キロ以上走る山深い
エリアで、ケータイの電波も届かないほど。
よって、自分のクルマか、送迎など、何かしらの足を確保しないと
(定期バスは数年前に廃止。)
踏み入れない、入れたがらないある意味秘境、まさにウィルダネスな世界。

なので、平瀬道にノープランで下りて来る、というのは、
そういう背景を知らない場合が多く、困る場合もたまにあるらしい。
今回の方もまさにそうだった。
ただいつも違うのは、たまたま僕がそのロッジにいたこと。
地域を変える仕事をしていたこと。
下りてこられた人たちが、僕がこんなスキルやマインドを持った人がいれば、
白川村のリソースを使ってこんなことができるのにな、という方たちだったこと。

結果、今朝のいくつかの用事に遅れてしまったのは残念だったけど、
雨上がりの白水湖と平瀬の町並みを眺めながら、
僕らはお互いに、少しばかりの人生経験やマインドを語らうことができて、
僕はすごく感謝なのと、ハッピーな気持ちになり
観光地白川村では、小さな出会いだろうけど、
二人にとっても見て終わる、に留まらない体験を提供できたと思う。
ただ観光/sightseeing=見て過ぎる、で終わらない時間。

ロッジの主人のパワーなのか、今年は格別色が違う白水湖のなせる技なのか、
誰かの日頃の行いがよかったのかはわからない。

ただ、困って悩んで頭絞って想像し続けてると、
答えや救いの手は、気づけばそっと出会えているし、
気づけば、そんな方向に身体が勝手に動いている。
振り返れば、メンターな先輩とも、妻との出会いも、
やりきったと思える仕事のいくつかも、大体そんな感じ。
大事なのは、ベストを尽くすことと、動き続けること、現場にいること。
なんじゃないか、と。

今日の出会いに感謝するのと、この縁を大事にしたいと思うこと、
そして、明日も明後日も、考えて、想像して、求めることを止めたくないな、
と今日を振り返って思いました。


2014年8月4日月曜日

農作業体験レポート②

続いて、お客さんには100%源泉かけ流しの温泉で体を温めてもらい、
いよいよ晩餐会の時間です♪
今、人気の農家民泊の良さって、個人的には地元の人と語らいながら、
地元の食事を頂ける所だと思っているんですよね。


なので、通常、お客様には膳形式でおもてなしするのが
民宿の夕食ですが・・・
ご主人とおかみさんにも交じってもらって、一緒に食べましょう!!
ということで囲炉裏を囲んで食事です。
昔営業していた国道沿いのお店で雰囲気満点でした!!



お客様だけど、いつものお客様の距離感じゃない。少し最初は固かったかな(笑)
 
イワナの串焼き。ほう葉をお皿に。焼きたて、アツアツでビールが進みます!!



他にも自家製飛騨牛コロッケや五平餅に、旬の野菜のまるかじりなど、
お腹一杯で大満足です♪♪♪♪
お酒も手伝ってか、ご主人とおかみさんも緊張がとけてお客さんと
会話が進むようになり、本当に楽しそうでした。
普段の民宿スタイルも良いけど、民泊スタイルの良さを自分だけでなく、
ご主人とおかみさんも理解してくれたようでこれだけもやった価値がありました。



2日目、個人的には昨日飲み過ぎた事を少し後悔しながら、眠い目をこすりながら、
朝7時半に集合です。

目的は、餅つき兼朝食です。


臼での餅つきが初めてのお客様。ご主人がやり方を丁寧に指南中!!
 
 
 
気が付けば、ご主人と息を合わせて餅をひっくり返してます。ペッタン、ペッタンと。
そして、つきたての餅(マコモダケ粉入り)にきなこをまぶして頂きます。
味は言うまでもありません♪
 
 
 

書き始めたら、結構な量に。。。。
まだ、朝飯とワラビの収穫に隊員柴原のつぶやきが残ってます。


長文ダラダラになりそうなので、これまた次回持越しへ。最近、いつもこんな展開(笑)