2014年7月25日金曜日

親子白山登山をお手伝い

朝役場への出勤時の温度計の表示は21℃。
過ごしやすい朝です。
全国的に酷暑な天気予報になっていますね。
確かに、ここ1、2週間で行った東京も名古屋も、
蒸し風呂状態で、すっかり山村生活に慣れた身には
ちょっと大変でした。
皆さん水分補給はこまめにどうぞ!

今回は、そんな暑さを忘れるお山の仕事。
3連休の後半に、白山白川郷ロングトレイルクラブ主催の
”白川郷学園親子で白山に登ろう”の
アテンドのお手伝いをしてきました。

参加者は、小学校低学年から、大人まで、40人弱。
白山平瀬道を朝出発し、子どもに合わせたゆっくりペースで
白山室堂まで登り、宿泊。
翌日はご来光を見て帰ってくる、という行程でした。
いくつかに分かれたグループで、僕らは
ガイドをしたり、歩き方を教えたり、カメラ班として写真を撮ったり。
小学生たちは、終始おしゃべりしながら山を登るというタフさを
発揮して、賑やかな登山でした。

天気も良くて登山日和
ここにも新しい熊が!?

雪渓にはザイルを渡して安心登山



前日の一雨降った後の夕焼けは最高でした!

             
             夕焼けを浴びながら校歌斉唱

翌日のご来光は、ガスに包まれて、一瞬空が明るくなったのを
見れたぐらいでしたが。。。
暗いうちから頂上をみんなで目指して登り切った達成感に包まれました。







子どもたちには、
白山や高山植物など、身近なのに縁遠かった白山に興味を
持ってもらえた様子で、僕たちも企画・参加ができて大変に有意義でした。

自分の実感値としても、こうした地域資源や自然資源の素晴らしさは、
子どもの時にはなかなか気づけませんが、大人になってから、
必ずその良さがわかる時が来るものだと思います。

過疎に悩む地域として、こうした意識を子どもにも大人にも持ってもらうことが
地域に誇りを持って生きる、帰ってくるために大切な要素ではないでしょうか。





白山は、すごく登りやすく、美しい山でした。
次回登る機会がある時には
是非ご来光(白山ではお日の出というようです)を見たいと思います。
参加された皆さん、お疲れ様でした!




2014年7月22日火曜日

農作業体験レポート①

いやぁ~、すっかり農作業体験のブログアップが遅くなりました。。。


実は6月23、24日に行った農作業体験は結果的に千葉からお越しいただいた
女性のお客様1名のみでした。しかし、1名だろうが、なんせ初めての段取りや
運営で2日間、久しぶりに気が張りまくってました(笑)

これもせっかく来て頂いたお客様に楽しんでもらおうと、隊員として精一杯、
慣れないおもてなしをしたためですが、日頃からお客様をおもてなしする
飲食業や宿泊業の皆様の大変さをわずかばかりながらも理解できた
良い経験でした。


プログラム的には事前に民宿のご主人とともに、数度の摺合せをしていた
おかげで予定通り進みました。


耕運機と同じ色合わせのグラサン大倉隊員。畑耕すの図。


大きな耕運機をやらせてもらいましたが、マニュアル車同様、ギアがあるんですね。
勉強になりました♪

畝上げを終えた畑にホワイトコーンの種植えを行いました。白川村でホワイト。



続いて、飛騨のブランド菊「飛騨黄金菊」の植え替え作業。


畑一面に生えた菊の茎を一つずつ丁寧に刈り取ります
 
そしてマルチを貼った畑に植え替えします。これでまっすぐ大きく育ちます。




1日目の作業はこれにて終了。
もったいぶって、1日目夜から2日目の作業風景については次のブログで♪

続きはCMの後!!みたいな締めで本当にごめんなさい(笑)



 

2014年7月18日金曜日

梅雨ニモ負ケズにフィールドへ!

天気予報的に言うと”朝晩を中心に雨”な日々が続く白川村です。
気づいたら7月も半ば、小中学生はいよいよ夏休み。
3連休を皮切りに、観光のお客様も増えるシーズン、
僕たちも村内のそこかしこに出かけ、
様々な準備を進めています。

今週は、がっつりとアウトドアフィールドへ。

まずは、白山平瀬道から白山山頂!

麓の平瀬温泉は雨でしたが、空の様子は
雲が抜けたら晴れそうな感じ。
標高を上げると、やがて雲が抜けて青空に。







大倉山に着く前には、山頂もくっきり。



室堂平の祈祷殿は、建て替えのため19日から取り壊しが
始まるようです。
その前に姿を見れてよかったです。





初めて登った白山、山頂の御前峰やお池めぐりは
残念ながら曇りがちで、景色を堪能できませんでしたが、
白山平瀬道は、角度が急なところは少しありますが、
とても登りやすい優しい道でした。
”花の白山”で有名なように、高山植物もキレイに咲いていました。
梅雨が明けるこれからが一番の見頃になります。



続いては、大白川の白水湖!
バックウォーターの先にある化石の状態調査のために、
学芸員の方々とボートで渡りました。




先週の大雨で水量が増えた白水湖、
見るたびに色が違い、本当に飽きない素敵な場所です。


がっつり外仕事の後は、大白川露天風呂でさっぱり汗を流して、
夕方から今度は役場でデスクワーク。

外で遊んでいるの?!と思われそうですが、
地域を知るには、地域の集まりにも、フィールドにも身を浸して
考えることが大事だと、”地域おこし”の現場に来て日々感じます。

パタゴニアのイヴォン・シュイナードさんではありませんが、
仕事とフィールドワークと地域おこしという、
地域や日本に必要なことと、今のタスクと、
自分の能力が発揮できる環境でのバリューの出し方との
掛け合わせを、これからも考えていきたいと思います。

2014年7月9日水曜日

懐かしの給食でランチョンミーティング

ブログでもたまに書いている、白川郷学園。
僕たち協力隊も、地域おこしを教育の場から考えたい、と思い、
春から寄らせてもらいつつ、
今日は、校長先生や教頭先生、学年主任の先生なども交えてミーティング。
予定があるのがお昼だけなので、校長室に集合しました。
(最初はここに入るのも、学生時代を思い出して緊張しましたがw)
お昼は持っていったのですが、たまたま今日はお休みの生徒がいたので、
残った給食を食べさせていただきました!

給食を食べるのは、小学生以来。
配膳の様子にテンションもアップ!


今日は地元の米粉を使った鳩工房のトマトパンと
かぼちゃとチーズのグラタン。
学園のすぐ近くの給食センターで手作りされた給食なので、
できたてホヤホヤ。
牛乳も飛騨産なので、おいしいんです。


スープやグラタン以上に、アツい議論を交わして、あっという間の給食の時間でした。
地域おこし協力隊が来た意味、外部から来たての目線、
様々な社会人経験を経てきたからこその言葉、
教育の場で、僕らなりのバリューの出し方を詰めている真っ最中です。
先生も僕らも手探りだけど、トライすること自体を楽しんでやっていければと思ってます。
詳細は分かり次第またここで。

白川村も、今夜はかなり雨が降っています。
台風で各地で様々な被害が出つつあります。
皆様十分お気をつけになってお過ごしください。


2014年7月7日月曜日

ランチでジビエ!

先週までは毎日通り雨程度で、梅雨っぽくなかった白川村ですが、
今日は朝から激しい雨。
沖縄は台風が近づいていて、”特別”警報だそうだし、
九州も被害が出ているところがあり様子。
皆様、お気をつけてお過ごしください。

今日はそんなニュースを食堂で見ていた時の出来事。
役場の男性職員のお弁当を見たら、なんとおいしそうな餃子。
聞くと、猟師さんから猪のお肉を大量にもらったようで、
昨日の夜色々調理したそうで、今日は手作り餃子を持ってきていました。
お昼から猪肉なんて、なんと豪華!

一口味見でいただくと、野性味溢れるジューシーなお味でした。



だいぶ環境に慣れてきて、ともすると忘れてしまいがちですが、
村でとれる野菜は、都会と比べるのと味が全く違って、
本来の味というか、とても濃厚です。
白山山麓のおいしいお水と、寒暖差のある適度な標高のおかげで、
おいしい作物ができるエリアでもあります。
山菜も、いい水と科学肥料で汚れていない土壌がだからこそできる、
オーガニックな食べ物。

セレクトショップもネオン街もありませんが、
自然に寄り添い生きていると、毎日発見もたくさんあります。
これからの楽しみは、秋のキノコとジビエでしょうか。

以上、餃子があまりにおいしかったので、
自慢したくなってのブログアップです笑

今週もがんばっていきましょう!


2014年7月5日土曜日

富山県利賀村商工会の皆様にお越しいただきました!

お隣富山県の利賀村商工会の方々が、
僕たちも参加させていただいている”白川郷鍋食い隊”について
活動の経緯や内容、実際に”すったて鍋”を食べて
地域活性化の研究をしたい、ということで、
ご足労いただき、取り組みのきっかけや、
協力隊の活動内容や、今後の企画中の白川村のマーケティングのアイデアについて
色々お話させていただきました。

利賀村は、トレイルランニングの大会を
地域の方が主導で実施され、(僕も参加してきました!)
交流会や民泊など様々なコンテンツがあり、大成功に終わっていたのを拝見し、
同じ山村として、白川村も今後スポーツイベントの可能性を
考えていたので、僕たちもお話したいと考えていました。

結果、予定時間をオーバーする、非常に有意義な交流会となり、
僕たちも大変勉強させていただきました。
意見交換が活発すぎて、写真を取り損ねてしまいましたので。。
テキストとリンクだけで見苦しいのですが、
足元悪い中お越しいただきありがとうございました!
同じように地域おこし協力隊もいらっしゃるので、より親近感を持ちました。
今後もよろしくお願いいたします!

ホットナビ利賀村

TOGA天空トレイルラン

写真が、、、大会のものがありました!
いやーまさに天空でしたね。





2014年7月3日木曜日

夏だ!プールだ!稲作だ!

今週はずっと梅雨明けのような天気の白川村、
今はぐずついた天気になってきました。
先月は月の半分以上村外にいたので、久しぶりに村内を巡回で
なんだかフレッシュな気分です。

昨日は、白川郷学園のプール開きを取材。
ザ・夏!な天気で、児童たちも待ちに待ったプール授業、
とても楽しそうでした。


今日は、荻町の世界遺産集落へ。
合間に、手植えをした田んぼもチェック。
機械で植えた周囲と比べて、明らかにガタついた様子だけど。。。
わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい!(リスペクト丸大食品)
というフレーズが思わず浮かびつつ、
元気の育っている稲の様子にホッとしました。
協力隊が植えた米や手伝った野菜で何かイベントやる、とか面白いかもな。


着任して1Qが終わり、あっという間ながらも
ようやく村の現状を把握しつつ、内外のリソースや
アイデアの種をたくさん見つけられました。
2Qで、改めて課題を共有しながら形にできることからしていきます。










2014年7月1日火曜日

南部新聞が早速、中日新聞に!!

昨日の記事にした南部新聞の取材風景が早速、中日新聞の飛騨版に
取り上げて頂けました。

中学生編集長達の主体性を育てること、協力隊を呼ばないといけない村の現状を
肌で感じてもらうことをこの取り組みを始めたのですが・・・


取材時に記者に向けて、編集長が言った言葉に鳥肌が立ちました。


「東京や名古屋から来ている協力隊の人に任せるだけではダメだ。
自分達の力で地域を盛り上げないと」


彼らは大人の僕らが考える以上に早いスピードで成長しているようです♪
そして、彼らの言葉を聞いて改めて僕らも頑張らねばと勇気をもらえた出来事でした。