2014年1月31日金曜日

やってしまいました!二回目のバッテリー上がり


白川村に引っ越してきて、ようやく1ヶ月が過ぎようとしています。

そんな金曜日の夜に、、、、
役場から帰ろうと車のキーをまわすと、うんともすんとも言わないエンジン。。。

やってしまいました!今月2度目のバッテリーあがりです。

先月まで車のない生活をしていたとはいえ、、、不注意すぎます。。。





幸いなことに役場担当の高島さんがバッテリーケーブルを持っていたので、すぐに復旧していただくことができました。

真冬の白川はかなり冷え込みます。

皆さんも、ライトの消し忘れにはくれぐれもご注意ください。。。

2014年1月29日水曜日

ひなたぼっこ

久しぶりの快晴!!

天気が良かったので、事務所内スペースの椅子達を白山の冷たい水で磨いた上、太陽光消毒をしてみました。



作業前 これから磨いてやるぞ~!!
作業後 太陽の光を浴びて、少し誇らしげに見えます♪
結局、隊員二人も太陽光消毒することにしました(笑)
昼飯はもちろん、再生したばかりの椅子達を利用して。


青空弁当最高ですね!!みかんを持ってにっこり柴原隊員
改めて、太陽のエネルギーを感じた1日でした。


2014年1月27日月曜日

『ニッポン全国鍋合戦』 祝!!優勝

そうなんです!!
昨日埼玉県和光市で開催された第10回ニッポン全国鍋合戦で、、、

なんと、我々隊員2名も参加させてもらっている『白川郷鍋食い隊』が初参戦で初優勝したのです。
しかも、1100杯を2時間弱の最速で完売し、2位に460票の大差をつけた見事な勝利でした♪


鍋奉行の名を手中に収めた瞬間(写真右端 高橋隊員)



それでは、軽く当日の状況をおさらいしますと。。。隊員二人とも大興奮したイベントでしたので
少々、長文になりますがご容赦を(笑)


朝6時より、鍋の仕込みとテント準備を始めました。


準備した宣伝用ポスターの飾り付けを行う図


鍋の仕込みは出汁とすったての投入タイミングが肝です


豪雪地帯白川郷のイメージである雪だるまを作成中


準備完了。10時の開始時間を待つばかりの状況です。


どうですか??余所に引けをとらない完成度の高い外観


飛騨牛A5ランク証明書と牛の置き物、そしておどける高橋隊員


出来上がった雪だるまに子供たちが集まってきます


お披露目にしたばかりの白川村非公認ゆるキャラ『ガッツしょう』(合掌)くん


いよいよ開始時間目前。

記念すべき一人目のお客様を目の前にして挙動不審な柴原隊員(右)


開始10時前にしてこの行列です


ここから、本当に有難い事に行列は一度も途切れる事なく、鍋食い隊の誰一人も水すら飲めない状況で12時前まで約2時間弱で1100杯を売り切るのです。本当に、本当に嬉しい悲鳴でした。
また、完売後もすったて鍋を食べにきたのにと残念がるお客さんがいて、申し訳無い限りでした。



急遽、手書きで書いた『完売御礼』を張る柴原隊員



こうして、長いようで短かった大会は我々隊員2名にとっても大盛り上がりの中、終わりを遂げたのであります。


最後に、このすったて鍋は白川村南部地区の有志で始めたため、まだ村内で食べれる所がありません。我々も南部地区活性化のため、このすったて鍋が白川村を訪れた皆様に食して頂けるよう環境整備に力を入れねば。


(おまけ)朝の情報番組Zipの取材風景

           

2014年1月25日土曜日

ニッポン全国鍋合戦に参戦します!

明日(1/26)は、埼玉県の和光市で僕と握手!
白川村のすったて鍋でおもてなし△します。
※優勝めざしてるんで、12時くらいまでにきて投票してくれるとうれしいです!

和光市で開催される『ニッポン全国鍋合戦』に白川村も参戦します!

私も地域おこし協力隊の活動の一環として参加です!

すったてとは、ゆでた大豆を石うすですり、出汁とみそで味付けをした白川郷の郷土料理です。
鍋合戦の参戦にむけて、野菜や飛騨牛を入れて鍋としてアレンジ!
今回はA5ランクの飛騨牛が入って300円です!



事前のWeb投票では、食べたい鍋として第一位!
こりゃもう優勝するしかないですね!



告知はこんなもんなもんにして、、、

久しぶりに白川を離れたのですが、ビックリするくらい暖かいです。


2014年1月24日金曜日

匠あらわる!


今日も今日とてヒラセベースキャンプ(仮)の片付けと雪かきをはじめました。

この空き家、実はものすごい困ってることがあるんです。
雪の影響なのは柱がゆがんでしまい、正面の戸が半分もあかないのです。

そんなことを数日前に近所のおとうさんに話していたら、、、





なんと!

仲間の匠を引き連れて助けに来てくれました。

私たちが手もつけられなかったところを、匠たちはみるみる修繕していってくださいました。



そんな事をやっていると、除雪機をもったもう1人の匠あらわる!






屋根雪を降ろしたまま、玄関前に積まれていた雪を、匠はみるみる除雪していきます。

人間の手で雪かきしたら数時間かかる作業を、匠はあっというまに片付けてしまいました。


実際に地域にでで活動をはじめると、ありがたいことに周りの皆さんが助けてくださいます。
ほんとうに感謝感謝。

はやくこの土地になれ、皆さんに恩返しせねば!



戸があくようになってニッコリの柴原隊員


これで、これからの作業がはかどりますね。





2014年1月21日火曜日

劇的ビフォーアフターのまねごと

(仮)ヒラセベースキャンプと名付けた平瀬地区の空き家に高橋隊員と時間がある限り、通ってます。


雪かきは日々の日課(?)にし、腕力を鍛えつつも現在は空き家内事務所スペースの清掃にいそしんでいます。


作業前 雑然とした室内


一体どこから手をつけるべきか?路頭に迷う隊員2名。
それもそのはず、だって・・・


2006年10月20日から時が止まってます


2日間かけて、7年分の埃をかぶりながら、室内の物品整理と箒がけを実施。


作業後 一段落に缶コーヒーで乾杯の図



本家『なんということでしょう?!』にはまだまだ程遠いですね・・・




2014年1月18日土曜日

『世界遺産白川郷合掌造り集落ライトアップ』にいってきました。

白川郷の冬の風物詩、合掌集落のライトアップへいってきました。


世界遺産白川郷合掌造り集落ライトアップ
世界遺産白川郷合掌造り集落ライトアップ


私は、このライトアップを見るのは今回がはじめて!

ここ数日は天気がよく、屋根雪の量は少なかったものの、
真っ白な雪の中に浮かぶ合掌造りはなんとも幻想的で、まるで"おとぎ話"の世界のようです。


この写真は展望台から撮ったものですが、同じようにたくさんのカメラマンがシャッターを切っていました。

19時過ぎから雪がチラホラ舞ってきたので、より幻想的な1枚を撮ることができました。


ライトアップは2月中旬の週末まで開催されますが、これからますますの混雑が予想されるようです。

真冬の白川は本当に冷え込みますので、防寒対策をしっかりと!
そして安全運転でおこしください。

▼観光情報はこちら




2014年1月17日金曜日

初めての屋根雪おろし


昨日に引き続き、今日も雪かきです。

しかも、私も柴原隊員も人生初の屋根雪おろしのチャレンジ!



屋根に登る柴原隊員と役場担当の高島さん



今シーズンはまだ1回も雪おろししていなかったようで、厚いところで1mほどの積雪がありました。

積もってはとけ、積もってはとけを繰り返した雪は本当に固く、、、なかなか手こずりました。


雪下ろしが終わった屋根を見上げる柴原隊員


残念ながらすべての雪をおろすことはできなかったものの、、、
のき部分に重くのしかかった雪はなんとか下すことができました。


土日にかけて、また吹雪く予報がでていたのでその前に雪下ろしできて一安心です。




2014年1月16日木曜日

空き家の利活用チャレンジが、スタートしました!!!

                                       
南部エリアの空き家の利活用チャレンジがついにスタートしました!

どうせ取り壊すつもりだったからと、オーナーさんのご厚意で空き家を自由に使わせていただけることになったのです。

空き家の利活用の第1歩は雪国ならではの雪かきからスタート。

放置され、凍りついた雪かきは想像以上に大変でした。。。

11時頃から始めて、15時頃まででなんとか家の前の分は完了。。。


作業前のやる気満々!


作業後 すっかり日も暮れてしまいました。



天気が良かったのでトラックの台車で昼飯と差し入れのコーヒー休憩をはさみながら、汗だくになって二人で作業しました。

カップ酒のカップを再利用したコーヒーブレイク!



近所の年配の方も物珍しそうな風景に声掛けて頂きながら、無事終わった達成感と心地良い疲れに今日一日生きてるな!!と実感しました。


今日は仕事終わりのビールを楽しみに明日は屋根の大量の雪おろしを行う予定です。。。。



おー、大変だー。でも、楽しいんです、ほんまに


2014年1月15日水曜日

展望台からの合掌造り

村への移住希望者の方の案内ついでに展望台へやってきました。



定番の観光スポットですが、やはり何度来てもこの景色はステキですね。 



2014年1月14日火曜日

古い町並み視察 in 高山

空き家活用のヒント探しに高山へ視察に行かせてもらいました。
白川村から高山は40分ちょいですので、協力隊の我々にとってはちょっとした小旅行気分です。

高山は城下町の古い建屋を生かしながら、カフェや土産屋、酒蔵など、さまざまなお店が連なっており、見て歩くだけでも楽しいです。
こげ茶色の外観のカラーだけでなく、町並み自体に統一感を持たせるような努力をされているんでしょうか?






また、もう一つ注目したの宮川朝市です。雪の降る高山の寒空の中でも、工夫次第でやれない事は無いという良い取り組みですね。まぁ、観光客を呼び込む手段として朝市、蚤の市は常套手段の一つですが、寒冷地での取り組みは気力が必要ですね。素晴らしい(笑)




最後は、あるお菓子屋さんでの一幕です。
気さくな店主だったので、色々話込んでしまいました。個人的に気になったのは店主が年配の方だったので、この店は10年後はどうするのですか?という事でした。要は後継者問題ですね。どうすれば、この素敵なお店が持続可能にできるのか?これは地域おこしする上で非常に難しいテーマです。会社経営も地域活性化も同じですが、継続的な成長には次世代の育成が必要になりますから。
些細な会話の中で良いヒントを頂けたように思います。

ちなみに、授業料とばかりにちゃっかり『きなこげんこつ』を買わされました(笑)

2014年1月13日月曜日

「ドデスカ」のTV取材

白川郷鍋食い隊で作る“すったて鍋”のTV取材後の一枚です。

メーテレ朝の情報番組「ドデスカ」の珍事件簿というコーナーで
取り上げて頂けるようです。

ここだけの話、我々地域おこし協力隊の2名もこの取材から、
仲間に入れて頂きましたので写真は後ろの方で控えめに(笑)





写真の中心にいる青いジャケットの方がこのコーナーのレポーター、上坂アナウンサーです。


最後に、いよいよ本番が近づいてますので宣伝を!!
2014年1月26日(日) 埼玉県和光市でニッポン全国鍋合戦が開催され、
我々、白川郷鍋食い隊も“すったて鍋”で参戦しますので興味のある方は足を運んでくださいね。
あと、事前投票で「食べてみたい鍋総選挙」も鍋合戦HPで開催されますので、
皆様の投票をお待ちしてま~す。

鍋合戦開催案内 http://www.wako-sci.or.jp/nabe/pdf/h26nabe_gaiyou.pdf
食べてみたい鍋総選挙 http://www.wako-sci.or.jp/nabe/vote/vote.cgi

2014年1月9日木曜日

案内用ちらし完成!

これから白川村で活動していくにあたり、地域の皆さん向けに案内チラシを作成しました。




ちょっとおどけた写真になっていますが、協力隊2人のキャラクターが伝われば良いなと思います。


さっそくこのチラシを使って、地域の皆さんへポスティングをはじめました。





このポスティングが意外と大変、、、、、、1軒ずつ各家庭を歩いてまわっているのですが、
思いのほか時間がかかります。


早い段階で地域の皆さんに顔と名前を覚えていただきたいです。


2014年1月7日火曜日

はじめての新聞取材


中日新聞さんから、地域おこし協力隊の着任にあたり取材を受けました!


新聞の取材ははじめてだったので、とても緊張しましたが、
これからの活動に対する思いをお話しさせていただきました。


我々の白川村でのミッションの1つとして、南部地域の空き家の利活用がありますので、
今後の活動の中心となる平瀬地域での活動風景を撮影していただきました。







新聞への掲載は未定とのことですが、新聞デビューが今から楽しみです。




2014年1月6日月曜日

委嘱状の交付

村長からの委嘱状を頂き、白川村地域おこし協力隊としての活動がスタートしました。
二人とも、少し緊張気味の顔をしていますがわかりますでしょうか。