2016年9月9日金曜日

9月7日インターン生日報

97
地域おこし協力隊
何 勤

 ヨモギさんの一日。
 
鳥のスープ料理を中国語を話せる店に持って行く、話して、朝ご飯をごちそうしてもらった。「老板娘」(ろォばぁんりゃん、女のボス)は三人の中国人娘がいるので、地図を見ながら結構話した。いい観光地とか、農村とかなど。

複数なトンネルを通って、ヨモギさんの家前についた。
山に囲まれている国道の横に、赤い屋根の二階小屋が坂に立っている。自分が一階で住んで、二階では移住者体験に提供する部屋二つ、厨房、トイレ、食事や交流をする場所、ダンスの部屋などがある。
あちこちの手造り、小屋も含めて、大体ヨモギさんと友達一緒に作ったもの。横に小さいな田圃があって、野菜、山菜を好きに育てている。シンプル、温かい。
 手伝ってほしいのは一つ部屋の外に、友たちが作った縁側があって。それを白い==(名前は覚えていない)で塗る。そして、草とか書いてた。
 ご飯は沖縄風の食べ物かな、大根の漬物は懐かしい味で、全部食べた。
 
 看板を作った、ヨモギさんが器用で何でもできる。しかも早い、仕事ができるタイプ。すごい、すごい、すごい。(大事なことは三回言う、中国ではそうなっているらしい)

 そして、直子さんの所に行って。米の処置の手伝いをした。一緒にご飯を食べて、夜一時まで話した。

 自分のことを捨てずに、みなのことは全部自分のこととして考えてあげる。諦めがなく、他人に認められるから、白川村で生活がわかる。
 一日の隊員体験をさせてもらって、ありがとうございます。もし、柴原さん、長坂さん、石井さん、前盛さんの「繋ぎ」がなく、協力隊でインターン生として働いていなかったら、ただの一人大学生、一人観光者と同じだと思う。中島さん、山本さん、登さん、直子さん村民たちとの交流はそんなにできるわけがないだろう。


2016年9月8日木曜日

9月6日インターン生日報

96
地域おこし協力隊
何 勤
 
 インターン内容
 白川村通信取材
 移住者取材

 昼ご飯を食べた後て、柴原さん、長坂さんと一緒り白川村通信に載せる記事のため、荻町へ写真を撮りに行った。
 毎日、通信に載せる記事は「荻町」の日記みたく、客観的な、日々に荻町を見る視線を記録し、インタネットに発信する。
 
 白川村通信・facebook


 初めてと言っても、準備階段のことを考えず、事前勉強はしなかったら、最後の一割ができなくなっている。恥ずかしいながら、皆さんに優しく教えてもらった。
 
 午後、移住者に取材する。まず柴原さん、石井さんは示範として質問を出して、移住者と話していた、そして、自分から考えた質問を言い出す。あまり要領をうまく捕まえなく、恥ずかしかった。

 ホームページを作るため写真も取って、取材は終了した。




2016年9月7日水曜日

9月5日インターン生日報

今日の天気は雲、スケジュール予定では白川村の移住者に訪問し、取材しにいく。ヨモギさんと約束して、六時から九時の間に田圃作業をする。スケジュールを急遽変更した。

出来たこと;
登さんと出会って、登さんの家に邪魔して、朝ご飯をご馳走していただいた。
インターンのスケジュール再確認。
白山国立公園、白山平瀬登山道入口。                 

ヨモギさんの好意を受けて、田圃作業に誘われたが、寝坊してしまった。「来なくでも大丈夫、ゆっくり休んでください」といわれたが、顔を厚くして、弱音を止めて、外に走り出した。コンビニまで走って、朝ご飯を買って食べているところ山本屋のおばあちゃんに見つけられた。おばあちゃんのおかけて、作業中のヨモギさんと連絡を取れ、合流することができた。ヨモギさんはすごいので、作業もう終わった。田圃作業の様子を見えなくて、寝坊に対してすごく後悔してた。
そして、ヨモギさんの友たち直子さん、登さんの家に邪魔して、話をした。
登さんは昔郵便局で働いた、長い間ずっと外の郵便局で勤務したけど。最後の勤務場所は白川村らしい。薬を飲んでいるけど、目からわかる、元気な登さん。三十年前ぐらい、中国への研修もあって、雲南省に行った。昔の中国印象を聞かせてもらってよかった、私も今の中国の情報、自分が感じた限り更新内容を登さんと話した。方言、交通手段などなど。登さんと話をできて、白川に対する素朴な愛を感じた。それこそ、愛だろう、愛。
直子さんに「どうして白川村にきましたか」どんな経緯、目的など質問を聞いた、善意な好奇心や警備心を持っていた質問だった。
筑波大学世界遺産専攻の院生、世界遺産の勉強はもちろん白川郷荻町地区を対象として調べる、白川村では二つ授業の演習もある。頭があまりよくないので、十日間のインターンで普段出会えない白川郷と出会えると信じて、何も考えずやってきた。方向がなく、ただの知りたい気持ちを持っているが、十日間があっても。全部知らない崩すことができない現実もある。道を走って、周りを見ていた時、そう思った。

九時になって、旧花植家に戻って、まだ寝込んでいた。昼間12時になって、白川村役場に向かって柴原さんとこれからの予定について打ち合わせに行った。

インターンは大分進んできた、自分が毎日9時頃から16時頃までしか活躍するけど。柴原さんは大勢な仕事作業の中で、隙間で私を対応している。村で活躍することが可能になれる場所を見つけて、私をそこまで見送るだけでもう大変なので。現場では、自分の努力次第だな。




道が一本で国立公園である白水湖に行ってみた、雨がひどく降ると道路が封鎖されるという。雨のせいて、落石の可能性がある環境の中、自分から言う「怖いです」より柴原さんの「怖いです」はもっと恐ろしいと思う。
白水湖は雨の中、あまり見えないというか、霧に囲まれている山と湖こそ白く感じる。傘を忘れているのは残念だった。
白山登山道入口の隣、6月から11月まで。住み込んでいる人が経営している喫茶店があり、「どこの国の人?」素直な、おしゃれっていい人達。


今日はほぼ柴原さんの個人訪問といってもすぎない、様々の視点から話を聞いた。
村民と観光者の間
住み込んでいる世界遺産であることで、言語の問題はもちろん、家族のスペースを守るため、そんなに観光事業を対応する気がない人もいる。それはいい姿勢と思う。。。
村民の中にとても人と出会うゲストハウス、民宿の経営者もいるが、イベント、祭りなどの時期、観光客がすごいスピードで入れ替わるに対しての無力感もある。
 村民と行政
  合掌造り家屋の維持事業、観光者の対策検討など、長年の観光事業や民宿など、第一産業やプラント生産品が足りなくなる。
 村民と村民
  固まり意識の中、「みんな一緒に合掌造り家屋の維持頑張ろう」みたいな共同意識をあまり強く主張しすぎて、(現象の一つはアイスクリームのようなものかな)。共同意識に沿っているので、あまり自分の判断が言えない環境。
  結局、仕事を待つみたい状態になり、新仕事がなく、若者の流出。外に出た人たちは社会に対しても「私の出身は白川郷です、作業の手伝うので、何日まで帰って来ます。」もいえないし、帰っても受け入れる部分がすぐないし。
 村民と大学生
  あまり自分を中心にして、研究の目的で村に来て、ヒアリング調査をして帰る。村民がそれに対して疲れているらしい。
 
 地域おこしということはどんなこと?誰に何をどんなことを起こす?
 「というのは今回のインターンの宿題だぞ」
 「え!え!え!え~~~~~」
 「皆考えていることので、まだだれでもわかっていないよ。だから、自分なりに考えてみて、レボートにして」
 「は~~い、頑張って書いてみます。」
 と帰る道、車の中で話した。

2016年9月6日火曜日

セルフリノベーションワークショップ seasonⅡ 解体編!

こんにちは。移住コンシェルジュ石井です。

今回はインターン生のカキンくんも書いてくれた解体ワークショップについて。
9月4日に白川村の平瀬の空き家の内装解体がついに始まりました。



空き家を移住体験住宅にリノベーションにしていくための第一歩。
そろそろ作業をしたくてウズウズしていたので、ようやくこの日が来たか!といった感じです。

朝の様子。インターンシップで村に来ている何勤くんと少し会話をしてゆるりとスタートです。

内部は至って普通の家です。

まずはふすまやカーテンなどを搬出します。
間仕切りは建具だけの古い家のなので建具も結構な量でした。






そして天井の解体です。薄いベニヤをバールを使ってどんどんはがします。
埃まみれになりながら、もくもくと壊します。




壁もはがします。





お昼を挟んで続いて床です。
畳をあげて運び出します。



畳の下から囲炉裏が出て来ました。これは古民家あるあるですね。残して活用しようという話になりました。



こんな感じで休憩も挟みます。



そして、畳の下の床板をはがします。釘を抜くのに結構な力が必要です。汗だくになりながら12畳分の床板をはがしきりました。


床下には古い木材がたくさん

床をはがしたスペースは広い土間にする予定。
どんな風に変化していくか今後が楽しみです!



ワークショップの告知が遅くなってしまいがちなのですが、今後も改修の進み具合に応じてワークショップを開いて行きます。DIY、空き家の活用、田舎暮らしなど興味のある方はお気軽にご参加ください!

2016年9月5日月曜日

9月4日インターン生日報

94
地域おこし協力隊&一般社団法人ホワイエ
何 勤
 
 空き家を活用するって、簡単に無用から活用にチェンジされるか?!

今日は柴原さん、中島さんの指導について、平瀬温泉の南入口にある空き家の解体作業をやる。


準備・注意事項
ヘルメット、マクス、メガネ、手袋。
立て釘に気を付けること。

解体順番:天井板―付け梁―壁板―畳―床




最初は石井さんと自分を加えて、四人なので、早速作業開始!「釘に気を付けよう」といわれたが、作業開始ただ数分が立て、「あ~痛い~マジかよ」と足が釘に突かれた。そして、慎重テンションに入った。テレビの中みたいな解体は初めて、新鮮というか。経験がなく、自分の効率が低いなと思った。
 そのあと、女性陣二、三人もて伝いに来た。ペースも早くになってきた。ほこりが多いので、あっという間に全身ほこりが分布していた。その時よかったのは、隣に一つ渓流があって、冷たく澄まして水で洗うことができる。そのような渓流は白川村ではよくあっていいなと思った。
 昼ご飯は「次平」という店で食べた、味は優しいので、皆は平時によく来るらしい。
 飛騨丼を食べた。

 午後の作業を再開する、残りのは畳と床だ。ほこりの量が少なくになってくるつつ、自分の調子がだんだん良くなる。テンションを上げり始め、釘から板を外す快感を感じながら、みなとも一緒になって、空き家をすっきりしてあげた、そして、汗がいっぱい出て来た、すっきりな気持ちになってきた。皆と一緒にやることと、石井さん、ヨモギさんたちと出会って楽しかった。これからもよろしくお願いします。

 この空き家は、家庭単位向け移住お試し施設に改装する予定。白川村に移住定住したい人々に確かめる時期を作ってあげて、移住定住したい人に対して、村民に対してお互いに理解する間にサビースを提供するらしい。まだ、移住者に関する用途が石井さん、柴原さんが考えている。解体して改装した後の様子を楽しみ、きっとそこで頑張った人達の味が出ってくると思う。
 
 日曜日なので、村にあるスーパが定休日になっている。石井さんに北にあるコンビニまで送ってもらって、食料を買って帰った。毎日のインターンが終えて、村にある道を歩くのは日課みたいなもんになってきた。